カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 退院に向けてカンファレンスNo.2

いよいよ カンファレンスの日が
来ました。

話が大腿骨骨折をしたときには
高熱40℃ 炎症反応CRp51
腰からお尻に大きな血腫!により 大出血
尿が出なくなり 尿管入る
意識失う日が数日続き 絶対安静
点滴から 多種の薬を入れ24時間点滴

心臓 喘息がある為に 少しずつ点滴を落とす
色々な環境の変化で 胃潰瘍が出来ぬ様にと防止薬

私は 嵐の日も お花 ケーキ プリン カーディガン等を 新しい購入しては 毎日必死に
母の部屋に 母に 会いに行った

ずっと眠って 居ても そっと
母の体を摩り 体を拭いて 皮膚科の薬をやさしく塗り 母に私の頬をつけて 生きる力
パワー 愛を懸命に 送り
語りかけ 歌を歌って……

看護士さん ソシャルワーカーさんに
沢山 話し合いを重ねて来た。

病院側はメンバーは 沢山のカンファレンス
私は一人だけれど母を愛する気持ちが
疲労して居る私の応援

皆がカンファレンスの部屋に一人 一人入って来る。 私は 一人一人に落ち着いて挨拶をしながら 着席する。
医師から ご家族は?
お嬢さん 今日はお一人ですか? と
驚きを見せた。

ええ 私は母のキーパーソンですから大丈夫ですと 持参したノートを広げ 日付 メンバーの名前を まず記した。

今の段階での 退院 自宅介護には 介護センター、ケアマネ…訪問介護の医師
どこが良いか
散々 私は寝ないで調べ尽くしていた。

もし、そこが 受けない!と 答えて来たら
この退院は 難しいと 考え抜き
医療に特筆した 医療センター訪問介護センターを 希望としている旨
母と私の 深い気持ちを 長い時間
伝えた。

医師は 繰り返し 母の検査記録の比較しながら
薬や天敵の変化
母の容態診察記録をいくども照らし合わせ
看護士長 担当看護士の話を
聞き 毎日通って来た私の母の変化を
聞き出し 総合的に

私の願っている 医療センターの訪問医師 ケアマネ
訪問看護士 ヘルパーの依頼に 賛成してくれた。

医療に特筆した 在宅介護センターは
唯一 此方だけなので 本当に嬉しかった

但し 準備手配があるし
一週間 まだ病院で治療中 母に新たな変化が起きなければ

又一週間後に 呼吸器科の医師 医療在宅介護センターのメンバー 市の担当者も含め
カンファレンスを 実施する事と 成った。

有り難うございます
今後とも よろしくお願いいたします
と 私の疲労が 飛び去り
医師に 皆さんに 大木な声で
お礼を述べた。

そして 最上階
特別室に入院して居る母の元へ
エレベーターの中でも 駆け足していた。

うん、必ず 母は大丈夫!!
母の頑張りで 確かに前進だ。
この先 私の負荷が増えようが悩もうが
母に 精一杯つくす!!
と 心に誓った。

私のノートの間には 亡き父の写真を入れて来た。 ソシャルワーカーから再三
私の体調を案ずる声が上がったが
私は死ぬ時は 母と一緒 本望だと 心の中で決意を深めていた

久しぶりに私は口紅を赤に塗り母の部屋へ歩いて行った。





カテゴリー
介護 余命 看取り

病病介護を振り返り~ 母の病院の帰途 ふと孤独感が…

病室を いつも後ろ髪を引かれる思いで後にする。

母の病室を 歩きながら 見えなくなるまで
元気でね お願い
神様 仏様 父上 母をお守りください……
祈り

街中は 煌めく クリスマスイルミネーションだ。
綺麗な世界☆☆☆

母に見せたい そういえば母と此れはみたわ! 始めは テンション上がっていたけれど ふと 悲しみ 不安
誰かに すがり 暖めて欲しい………と
ふと 思い 帰途 又涙した。

私は バチあたりな………何を一瞬でも
脳裏 心を 過った事を心底
反省して 深く 母に侘びた。

ようし!! 明日は
もっと はやく 早く 母に会いに行こう!!
思いを 新たにした。





カテゴリー
介護 余命 看取り

病病を振り返り~ 退院へのカンファレンス

母は 重症患者を示す 名前の前に赤記から 黄色になった

部屋に 飛び込み 母に抱きつき
本当に よく頑張って呉れて有り難うね!!

凄い 有り難う!!で 私は失語したみたいに 母を長く抱きしめ 母の呼吸を聞いて
母の美しい顔を眺め 母の薫りを 確かめて
本当に 可哀想な 辛い思いを させてしまって

余命宣告迄 息なり された母

後 名前の前の記が 白に成ったら
そろそろ 医師から 退院に向けての話が出てくる。

私は看護士さん 沢山の看護士さんに
母の様子を 聞いて回った。

気づくと 敬老の日から もう!!
クリスマスの時節に。

母が子供の頃
母の実感 田園調布の 大きな家で
家族で
讃美歌や クリスマスの歌を 幸せに過ごし
祖母は 教会に 通っていた。

だから母は クリスマスを毎年
楽しみにしていた。

なんとか! イブ 聖夜には 母を自宅に戻したい!
その 気持ち一心で 私は
医師に カンファレンスを ソシャルワーカーも
含め 早く 開いて貰える様に頼んだ。

余命宣告 なんて
今の母と私には 関係ない。

何よりも 生きている今
今が大切なのだ。

バタバタしても 訪問医師や ケアマネ 訪問看護
ヘルパー契約をしても クリスマスと
年末年始は 絶対に 母を 私がメイン
キーパーソンとなり 介護して
穏やかな 楽しい 環境で
母と共に過ごしたい

元旦は 世界一愛する 母の誕生日
必ずしも 無事に 自宅で 祝いたい
沢山の感謝 尊敬 労い 愛を
母に 伝えたい。

カンファレンスが行われる日が決まった。
勿論 悲しくも 大腿骨骨折してからは
母には 固形物は一切 病院から出ずに
まずい トロミをつけた物ばかり。

退院したら 私が 栄養あるオカズを作り
しっかりトロミもつけて 母の大好きなお茶
カルピス等 トロミをつけて 沢山
色々 口にして欲しいと

私自信 久しぶりに 気持ちが弾み
まだ 退院が 決まったわけでは
ないけれど 母にも 退院出来るのよ!

万歳 万歳 母上
素晴らしい 万歳\(^_^)/と告げた。

母も本当に? いつ?明日?
いつなの? と 目を輝かせて
共に \(^_^)/と 手を 頑張って上げてくれた。

果たして どうなるの?
絶対 亡き父や神様は 母を守り愛して下さる。 大丈夫!!

私は 母の介護をしながら
大丈夫!!を 繰り返し
満面の笑みを母に向けていた。





カテゴリー
介護 看取り

病病介護を振り返り~ 信じられない友人の心

テーマ:ブログ

おはようございます .
介護療養介護を振り返ってを綴っておりますmarika75555です(^-^)まだ母を亡くして5ヶ月
悲しみも癒えません(T_T)
しかし私も難病で体が痛む中毎日祈りで母に感謝でいっぱいです。
かつて私の友達にご自分のお母様が肝臓亡くなるかもしれない夜にヨーロッパ旅行へ行ってしまった方がいました。
彼女と口論になりました。彼女が言うには自分は医者じゃない看護士でないから傍にいても何もできないじゃない?
自分の自由がなくなるわ!と言いました。
私と友人は口論に成りました。
たとえ何もできなくとも、手をさすったり声をかけたり体を揉んだり感謝しなきゃ!
その日が峠だったのだから看とるのが一人娘の役目じゃないかと私は言いました。
そういう事もあり心理カウンセラー・介護カウンセラーの勉強をし試験を受けました。
お陰さまで☆今までの長年の介護が実を結び合格いたしましたので_これからも明るく元気に綴って参ります。

marika7555.com
病病介護を振り返り~  を

どうか皆さん応援してくださいよろしくお願いします。
いいねやフォローお願い致します.
そして本当に今風邪やウイルス感染気をつけてくださいねよろしくお願いします






カテゴリー
介護 余命 手術 看取り 膠原病

病病介護を振り返り~ 精神疾患の姉もかかえて

何故 私が難病なのに こんなに母を尊敬し愛して 全身全霊を尽くせるのか………

それには 勿論 私の手落ちで
母の寿命を短くしてしまい
世界一愛して居る母を 高齢に成ってからも
前向きで 女神様の様な 母を苦しませ。

その他に 事実だから はじめて
公表出来る事

私には 姉が居る。
昔は 綺麗で 品があり 頗る優秀で
母は勿論
親戚中 溺愛した姉が居る。

しかし その姉は受験生の頃
特質していつも都内優秀校で
連続1位だった為に
学校 先生方からの あまりにも期待が大きく
プレッシャーに 押し潰され
統合失調症に成ってしまった……………

一番最初に姉の異変を気づいたのは私。

姉はお願いだから 母には言わないでと
号泣しながら 私に 約束して 約束して
お願い

姉は 長女として いつか成人したら
母の片腕に成り 母を幸せにしたかったのに
お姉ちゃんには 出来なくなってしまったの

だから 絶対に 母には 秘密にしてと
3時間位
私にしがみつき 大声で泣いた後………

だから 此れからは 母を頼むわね
この家を 守ってね!約束 お願いねと。
私は まだ12歳………

事の重大さを把握しながら
姉を抱きしめ わかった わかったわ
わかったからね
安心して……………

お姉ちゃん 何もかも 大丈夫だからねと
子供なりの 精一杯の気持ちを
姉に 伝えた。

心の中で 重大事を
母に 秘密には 出来ない
姉を早期治療させないと
と 父にお祈りをした……………






カテゴリー
介護 余命 看取り 膠原病

病病介護を振り返り~ 退院を目指して‼️

テーマ:ブログ

母は 痛みが強いものの 好物のフルーツやハーゲンダッツのアイスクリームを
殆ど介助なしで
食べれる回数が増えて
本当に私は感動感謝で一杯に。

しかし
尿は出ず…
尿を出す薬を服用させても不可能だと冷たく医師に言われた

母には担当の医師が数名ついており
個室の部屋は面会禁止の日や
重症患者の赤丸シールが
名前の前に貼ってある。

私は薬を試さずに切り捨てるなんて!と
医師に訴え
他の医師をつかまえては薬を恃んだ………

やっと2日後から…有り難くも
少しずつ尿が出てくれた!

あの医師の言葉は何??
母上……凄い

今度は尿管と尿袋を外し
前あきのオムツに成った。Msizeでも
ブカブカになり
母の陰部洗浄、オムツ換えや床擦れ防止の
体位変換も
看護士さんより
私は丁寧に
母に話を沢山しながら行った。

オムツの中で??
母は我慢してしまう事が増え
不快感に悩み

衛生上…可哀想だけれど
つなぎ
と言う特殊な寝間着?を着るようになった。
美しい母が と内心凄い辛い私
でも似合うわよと
母に話かけていた。

個室なのでクラッシク音楽を 私が毎日 流して センモウ 痴呆悪化を 防いでいた。私の居ない時には看護士さんに音楽を流す様に頼んだ。

母も
だんだん家に居る様な安心を覚えた様子で
こんなに広い個室は大変でしょ?

もう退院して大丈夫よ………を
繰り返す様になり
私は
赤丸シールが 早く 黄色 そして白に成れ
と益々 介護に奮闘開始した。

数日後
情けない事に
疲労 からか? 頚椎 腰椎のヘルニアも再燃してしまい 歩くのも無理で 腰にサポーター
松葉づえで タクシーで病室へ通う様になり

医師達に 母の炎症反応 全身状態
退院の目処等 話し合いのカンファレンスを依頼した。

広い病院での あちら此方への移動
腰を使う大きな動作で 病院より我が家で
看た方が 私の不可が減り
母も 落ち着いた気持ちで 闘病が出来ると
思った。

特別階
重症患者と いう母は 医療カウンセラーが
入院翌日から 着いていて 私は頻繁に 先々の方針を 伝え相談してきた。

良い話し合い カンファレンスで 良い結果を
帰宅しては 何度も 父 祖母に祈った………

本当に 母の努力 頑張りは素晴らしい物で
必ず 良い方向に 行くようにと
祈り に祈り 朝を迎えていた。



id=s00000014098004004000&mc=1″>

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎

カテゴリー
介護

病病介護を振り返り~ 毎日 亡き母に深い祈りを捧げて力を貰え幸せです☀️❤️

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎

テーマ:ブログ

皆さんおはようございます会在宅介護渺渺会を振り返って介護のところで綴っているmarika7
5555です。
一人で育ててくれた偉大な尊敬し、本当に愛して育ててもらって教育も熱心で、私が難病ですから本当に心配苦労かけました。私は命をかけて精一杯母を看たつもりですがまだまだ後悔悔いが残ってます。

寝込んでしまったり色々してましたが、少年よ大志を抱けのごとく、いつも生きてることに感謝して、せっかく生んでもらったのですから、今までの私自分のキャリア・学んだ知識、また皆さんに応援して頂いた温かい気持ち、そして、母の魂を心にいつも抱いてこれからも前向きに前進していていきたいと思います。
立春を過ぎて春も、もうすぐなので皆さんと共に頑張っていきたいです。
よろしくお願いします是非ブログに寄ってくださいね。
まだまだ、寒いですからお風邪とかウイルス感染気をつけてください。

私もちょっと扁桃腺お腫らしてますが、前向きに笑顔で感謝の気持ちで祈りを込めて頑張っております引き続き応援アクセスいいね感想などよろしくお願いいたします





カテゴリー
介護

病病介護を振り返り~ 母と共に病院でリハビリ!と私の介護&補助特訓

テーマ:ブログ

母の 痛み止め 喘息治療のネプライザー
点滴 諸々~ 以外に

栄養補助ドリンク ゼリー追加!!

母のメンタル面は 愛娘の私が責任を持ち担当!! 病院側からも 頼られる存在で大病院ながら 知らず知らずに
有名な母娘に 成っていた

栄養士から 1日 母の状態でのカロリー摂取等 3回に渡り 伝授

絶対に 事故のない様に ベッドから
車椅子への移乗訓練

母がシャワーに耐えられる時間内に シャンプー
全身洗浄 清拭
大腿骨骨折部位 お尻の血腫に 負荷のない
下着 パジャマの着せかた
諸々

秋が深まり 肌寒い時節柄に成ったのに
私は 汗だくで 来る日も 来る日も
母の笑顔が 少しずつ 見られる様になり
病院の食事を 少しでも 口にして呉れる様になって居るのを 確認しながら
必死に 病院でも 二人三脚に励む二人。

私は 食事も 摂らず
自分の薬も 病室の トイレの水で 一気に
服用していたーーー

医師 看護士さん リハビリ療法士さんらに
本当に お母様は 頑張りますね!!
と それにしても 本当に美しい!方と
賛美して貰えて 余計に

何とか 奇跡を祈り!
母の余生 ADL と QOL をより良い方向へ
持って ゆきたい

とある日 母は 私が病室に現れるのを
楽しみに 待ちながら 一人の時間を頑張って居てくれたのだけれど

私が いつもの様に 沢山の 母の好きそうな物を抱え 病室に行くと

母が 私に 毎日有り難うね
たまには ゆっくり休みなさいね
下のレストランで 何か 食べて
珈琲でも 飲んでらっしゃいと
弱々しいけれど
家に居た頃の 私への 愛溢れる笑みで
言ってくれた……………

凄く 嬉しい 母から娘への労いの言葉を
有り難うと 噛みしめた。

気持ちだけで 十分!
一緒に プリン食べましょ
と 繰り返しだけれど

母は大丈夫よと。
私は くたびれたの?お昼寝する? と尋ねたら
もう 可愛い寝息を 安心した様に

私は 息なり 病院へ搬送され
高齢 老人の母が 小さく細く成った身体で
高熱 激痛 喘息 血圧低下

毎日のリハビリ
足が自由にならない 不思議!葛藤!悩み!
で 相当に疲労しているのだ~と
知らず知らず 涙が 溢れながら
母が 私の赤ちゃんの頃に作ってくれた
子守唄を 母の耳元で 繰り返し
歌い 母のオデコにキスをして
私は 手を繋ぎ 離せなかった。

看護士さんには 今日は ゆっくり
母を寝かせて欲しいと
リハビリを 断り
ひたすら 母の寝顔を いとおしく

至らぬ娘で ご免なさい………
と 溢れる涙を 拭わずに

私も 母の香りに包まれて
30分も 寝てしまった……

やはり 母上ちゃんと 一緒が一番幸せよ
有り難うと 目覚めた私。





#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。