カテゴリー
介護

病病介護を振り返り〜緊急病棟から特別室へ引っ越し

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


寒いけれど 快晴 引っ越し日和だ!!
   
私はお仏壇にお祈りを済ませて
家から大きな花瓶を 持参して お花屋さんで
母の好きな花を沢山買い集めて
  タクシーで病院へ  

今日は杖無しで向かった。  

母の病室に寄る前に特別室へ行き
お部屋が明るく 穏やかになる様に 
早速 花瓶に花を真剣に丁寧に生けた。
 
ベッド周り テーブルをアルコール消毒して
カーテン 窓を開けて 空気を入れ替えた。
 
此処が今日から退院まで
母のお部屋になる。
 部屋に向かい
宜しくお願いしますね!と 敬礼。

母の病室へ 自分の痛みを忘れ 急いで
こんにちわ〜来ましたよ
明るく母の顔を見た。

カンファレンスの後に 特に母の容態に
 変化はなく  
少しの咳 かすれ声 ゼコゼコ。

母は今日は早いのね?
大丈夫?と又 労って呉れた。
   
うん勿論大丈夫よ 母上の為なら
火の中 水の中 
2人で一つよ。 母上のお腹から産まれ 
こんなに オーキクして(笑) 呉れたのだから!

母はニコニコて温かく 美しく
微笑んで呉れた。

眩しい程の笑み 
母は 病院のアイドル 
うん 本当に皆さんの 言っていた言葉どうり。
 
他の方からよく言われたが 私は母の笑顔は 
モナリザの微笑みより
遥かに気品よく美しい!!と幼少の頃から   
感じて眺めていた。

母は退院??と
聞いて来た。 先日は母に大きな声で
説明していなかったので
母は頑張り 起き上がろうとした。

駄目よ  点滴が外れてしまうわ。
今日は この病室から 最上階にある 
素敵なお部屋にお引越しなの。

大きな窓と 綺麗な景色よ
必ず 早く治るお部屋だから
もう少し もう少しだけ退院は 待ってね
 母に指切りをした。

特別室……… 私が誤診から膠原病になり 
検査入院の際に 母は特別室に
入院させて呉れた。
院長回診もトップ 確かに医師の真剣さ
丁重さが 普通の個室とも
異なる物であった。
 
ふと私の20歳代の深い感謝が 母への思いで
胸が一杯に成った。  

母は 退院ではなかったのね?
 もう次は 
頑張らないから……… と少し落ち込み寂しげに
私に背中を向けた。

 え。次は 頑張っくれない?
一瞬 ドキドキしたけれど

母の姿を見て 愛らしく 心の中で
有難うを 
転倒させてしまい  本当に
ごめんなさい  を繰り返した。

母の背中を 擦りながら
顔を覗き込んだ。
ずっと2人で 乗り越えて来たから

此れからも 一緒よ
頑張って頂戴ね お願いしますと
頬を母の頬に ピタッと寄せた。

母は振り返り 私の手を優しく握って呉れた。

介護士さん ヘルパーさんらが
お部屋の
お引越しですよ〜〜と 頼もしく迎えに来た!

母に ホテルみたいな病室ですよ
早く回復して  お嬢さんを喜ばせて
上げて下さいね!
 
リラックス出来るから 大丈夫ですね?

では このベッドに横に成ったままで   
良いので 
さぁ お引越ししますね!

と 皆さんの声がけに 母は笑顔で
有難うございますと穏やかに返事を返した。
私も母の荷物を抱えて
笑顔でエレベーターホールに向かった。






#母の背中#母の顔#介護日記#素敵なお部屋#特別室#本当にごめんなさい#介護者#要介護5

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。