カテゴリー
膠原病

病病介護を振り返り 東京のお盆 両親からの 様々な愛 に 感謝する日。




両親の  気高く   慈しみ深い      清らかな魂………

麗しく  温かい魂。

    私には    何ものにも 代えがたい

       私の全て。     私の  宝である。

   
やはり  
お盆の時期は     心が清らかに洗われて
   気持ちが  凄く  落ち着き  

 豊かなる心に  浸れる。

   
        最愛なる  母上様の お腹の中で
             両親に 愛されながら     育ち

    有り難い事に

     誇れる     愛する    両親の元に 
     五体満足に  生まれて来れて     
此の世に

生きて居る………

    
  何と❣❣❣        私は幸福な 娘で在ろうか。

くしくも    誤診により

発症してしまった

 膠原病…………

    実際の ところ
      今迄の中で   今は…は  事実

 一番     症状が重たく

  こんなにも  多種の 薬を服用
        外用した  経験は無く💦

  無事に      お迎え火を炊けるので あろうか?

      いや     這ってでも
      万が一???    の 時には

   ケシテ!!!  後悔しないように
     この お盆は     明るく  振る舞い

    全力………で       お迎えしよう!!

と      自ら   決意をしていた。

       両親        父と母上様の     愛の結晶で在る我!!

       自分自信の    体を

          愛おしむ様に    眺めてみる。

       自然と    楽しく   笑みが溢れる……

      父上様        母上様  

           それぞれに似ている    容姿

          それぞれの遺伝子を 受け継いだ

        私の   性格  思考   感性

           得意分野         長所を    考え

      両親に   かさね合わせ
           鑑みている   私。

   
 知らず   知らずに

          口に出して    

 蝋燭の灯り

        両親の    遺影
           懐かしい     写真の数々を
         改めて 

見渡しながら            楽しげに

         お喋りをする、……   私。

すると

        母上様の

                私を   呼ぶ声がする。

              はい、   母上様……   
                          なぁに?

                        茶目っ気を出して

                      敬礼しながら

                     笑みを満面に  返事をする私。

                 頑張り過ぎては 駄目よ

              少し    横に成りなさい……

                     いつも    明るくして
                        笑顔で         頑張り過ぎよ……と。

                  え!?

                時計を   見ると

        夢中に成りながら

             お経を唱えたり

          お供えをしながら
   
                私も      一緒に      
頂かせて
貰います

       と、         食べ物を   口にしたり

            思い出話を   語りかけながら

     飲み物を  
飲んだり

          懐かしい   お写真を     出したり。

         そう言えば       大分    怠く

         眼が   重たい……

でも    
今?     寝ても   良いのかしら?!?

と     思いながらも

              幼子に  戻った様な
                 甘えっ子みたいに

          では
             少し     
 ベッドで       寝かせて頂きます

            と      私は

              
ニッコリと

           両親の   遺影に      手をあわせ

              す~ っと       眠りに落ちた。

         愛犬も      嬉しそうに

        私のベッドに     飛び乗った………

          眠りながら         両親の   麗しき笑顔を見た。

         
            この年齢に成って

                 こんなにも     甘えて

      良いのかしら???
         
            夢の中か

そう     安心しながら    幸福
          愛に    包めれて居る

           我を       感じて居る。



作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。