カテゴリー
膠原病

東京お盆〜 両親に 深い敬愛の祈り 幸せな私を強く感じる❣❣ 有り難き日々




最近の 私は

    膠原病の合併により

      様ざまな自覚症状と   現実的には  リアルに

     一人闘病中の身体と  

メンタルとに向かい合わせである。

     時には   生身の 人間で在るが  故に

        一段に   各科から 処方された

         沢山の お薬を   一人   服用する際には

            先々  将来への不安

                  いつ??   寛解状態へ   戻れるのか?

        心理士     で在る   立場に あっても

     様々な   思いが 交差し      

            ドボーン❣❣❣と

      深い  深い      暗闇に     落ち込む様な

         瞬間まある。

             孤独死!!       という    3文字が

    頭を過る    瞬間さえ    有る。

       しかしながら

     私は      両親の 魂の存在を  

        常に   より近く       愛を  感じて居る……

        霊感が 有るわけでもなく

            スピリチュアルな世界に   入信している

               人間でもない。

       ただ    幼少に   父が天に召されてから
                幼稚園  に  入園するまえから

         祖母や   母上様の       見よう見真似で

       純粋な 心で      一生懸命に

              父に   毎日

                     小さな身体  小さな手で

     お供え        お祈りを     して来た………

             今は      お迎えを

          いろいろな   自覚症状が ある身体でも

         必死に      両親   祖父母を    我が家に

        お迎えする事が 出来て

              痛みや  怠さ     諸々の症状を

        一時    忘れて

          温かい    しかも❣❣❣

        強い 守り       深い愛に   包まれで

            穏やかな   優しい   気持ちに成り
      
                     幸福感   安堵感

            我が家が      賑やかに

          明るくなり        

               知らず知らずに

          張り切って居る    我を  
感じて居る。

        最愛なる  母上様の

            様々な    時々の   笑顔が

      
 自然と 浮かんで来る。

           あーっ       嗚呼

          こうゆう     幸せな 時間が

            ずーっと    続けば 良いのに。

           そうしたら

      私の  免疫力も    アップして

             魔法?   の   パワーで      回復出来る❣❣❣

         そんな   事も     感じながら

    私は  目一杯の    スマイルと

        有り難さに     感謝しながら

          お祈り      お喋り

         沢山の    両親   祖父母へ      報告事

           お供え

            そして       我が家    最愛なる  母上様に
              終末期        在宅介護中

        トロミを付けた

      カルピス         麦茶を   冷やしで
                  口にすると

       薔薇色の
               笑みを

 見せてくれていた………

           母上様に      父に    祖父母に

       トロミなしの

         氷を 沢山入れた     麦茶を

              スイーツ

                お花          フルーツ        贈り物等

         お仏壇には
               乗り切らない     お供え物は

   サブテーブルに     所狭しと

       並べて

              両親の大好きな  音楽

           そして    最愛なる母上様と愛娘である

           二人が   大好きな曲

           二人の応援曲

                  ロマンチックな名曲を

          私が      心を込めて    歌う………

          私が    膠原病で   個室入院の際にも…

           母上様が     余命宣告され

               私は 母に    気づかれぬ様に

      涙を    押し殺し

              
しっかり    手を繋ぎながら
          楽しく
     我が家にて            病病介護をしながら

          満面の笑みで   歌い………

           入院中の    母上様と

               母上様の個室で     頬を     母娘
          ピタリつけながら

           時には小さく  かすれ声

          時には 笑顔で  瞳を  見つめ合いながら

            幾度も  幾度も
             繰り返し         繰り返し
                      しっかり手を繋ぎながら

                  この曲        素敵ね、
        
                      ママは      この曲     
                                    大好きなのよ

             と、   苦しい  息の中でも

          持ちなおして    くれた時にも

     女神    マリア様の如く
           美しく    
慈悲深い       
気高い          笑みで      私を       

        励ましてくれて居る様に…

  沢山      長い歳月

   歌ってくれた      母上様の    麗しき顔が
           浮かぶ………

           きっと

        母上様も       今も………

         素敵な曲ね  と…

         私と    共に

          愛唱歌を          歌って下さって居る。

         私は    そう   確信しながら

            有り難く    とても幸せで

                 幸せ過ぎて 泣き出しそうな…

          複雑な心境ながら

           必ず❣❣❣

           母上様に    安心して貰える様に

            必ず❣❣❣

                    難しい病

                   合併してしまった  膠原病を

          治す!!

                強く

  心を   奮い立たせて     前向きで在る。

  


作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。