カテゴリー
介護 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜   一般個室での母娘 二人三脚








特別室〜個室  
周りからすれば贅沢な裕福な家庭と思われている。

私に話したがる 患者さんの ご家族にも
度々 言われる。
 挨拶にも来る……

今は 申し訳ないが 母との時間を
大切にしたい。

勿論  お大事になさって下さいね
等 毎日の挨拶やら

いつの日からか
泣き言の 聞き役にも 
 
なっていた。
 
何の見返りを求めず
知らぬ人の 背中を擦り 慰めもした。

そんなんではない。

私のサラリーの定期を全て
解約しての 母への 至らぬ 力不足の
私の 償い 感謝

尊い!…

愛からの 大事な時間なのだ。

帰宅してから
仕事や 自分の治療や
今後の事を 寝ずに
独り  考える。

母の名前の 横には
更に  お見舞い ご面会の方は
ナースステーションに
お声がけ下さい

と迄  知らずに
書かれている。

気づいた時には
驚いた……

この部屋には 立派な人が入院している。

私の姿を 見つけると必ず   あのーと 声を掛ける。

又だ 今は 余裕はないのだ。
悪い と思いながら
母の部屋に入る毎日。

母は,抗生剤を2種類
24時間点滴

栄養成分も一日 2回
1200

経口投与  粉末にして貰い
沢山服用の際は 私の担当だ

母の好きな アイスクリーム
  プリンに 上手く混ぜながら
山程の 顆粒を
全て   咳込まずに 服用してくれる。

母の手足は
  上手く 採血 点滴が
出来ずに    青たんや 傷だらけ

痛むだろうナ…(泣)

私は 自宅から 軟膏を持参して
  一つ一つに 丁寧に
薬を塗る

看護婦さんらも  驚きながら
 お嬢さんが居ない お時間は

私達が 極力 ねります
 申し訳ないです………と

私は 母用に
皮膚科で 軟膏を3種類処方して 

貰ったので
お薬が なくなったら
病院から
処方をお願いした。

とにかく  母の辛い面を
一つでも 取り除きたい!

それが 愛
  私の運命

母の頑張りは
データでは  上向きで
嬉しいのだが   何故か
元気がなく

ベッドの状態を
起こしながら 大事な座位を確保し
お食事や 薬を投与すると

顔を歪め
私には疲れた顔を 見せて

早く 座位を低い状態にと
ジェスチャーする

うん うん
分かったわ うん 分かったからね

でも もう少し
頑張りましょうね
吐くと大変なのよ

頭を撫ぜて 髪を
優しく とかすと

   母も私を信じて
     頑張りをみせて呉れる。

この先の  選択肢
   母の命を 私の手腕に
      掛かっている。

   もっと より良いデーターに
    回復したら

私は 極力
   母のADlL  気力が落ちない内に
在宅医療  在宅介護に

切り替えようと 決意し

毎日
   母の部屋に通い
     明るく
     お喋りをしたり
    
    楽しい思い出話を
    面白 可笑しく 話しかけ

 スキンシップを大事に
    心がけた。

  これは
     医師や看護士さんには
      出来ぬ事。

  母は  私の気持ち
     を  汲み取る様に
     穏やかに  笑みを浮かべる。

  あともう少しで
     お家よ!退院なのよ。
   
     だからフレ〜フレー
      母上に!!

    母は いつもなら 
   いつ?  明日なの?

     と 訪ねて来るが 

    退院の  文字を
      ちらつかせても

       うん   と元気はない。

   思えば 緊急病棟
      特別室  個室

    長い治療に
       人の出入りの多い病室

   早く  我が家へ
      私は 母の肩を腕を揉んだり
       足を揉んだり
    歌いながら
   
    母に 愛を伝えながら
      頑張る!!

   次のカンファレンスは
     退院へ。






#在宅介護#特別室#データー#プリン#介護日記#要介護5#今後の事#それが愛

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。