カテゴリー
介護

病病介護を振り返り〜 母の急変NO3




#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎






母から 笑顔が、消えて 
広い個室に 寒さ 寂しさが 漂う…

母も闘病 病院疲れを
細く小さく
なった 身体で  感じて居るのだ。 

私は  声がけを いっそう増やして
笑わせたり 戯けたり

愛する母に
前向きな気力を 思い出して 病に
勝って欲しいのだ、、

母の両手には
可哀想に  布のミトンの上に
更には
大きな プラスチックのミトンが

ストレスや  辛さから
点滴を触ったり
かいてしまうから   の拘束だ(泣)

母は コレを 外してと
幾度も 辛い身体で

声を絞る

私は  これは治療なのよ
   我慢して頂戴ね  
を繰り返したが

やはり 見るに耐えずに
右手のミトン   身体の拘束ベルトを

外した―

私が見ているから
大丈夫だ…!!

母は  安心して
私に小さな声で   楽よ
  優しいのね
      有難うと。

私は  必ず
帰る際には  センサーマットの位置
ナースコール スイッチオン
身体の拘束
ミトン装着

そして  母の体位変換を
気を付け  指差し点検した。

帰り際に  氷枕を頼んだが
2時間近く  持って来ない💢

これでは
安心して寄託出来ない!

はい 交換しときますよと
看護士に言われてから
 帰れずに  
母の熱は上がる

看護士を探し周り
やっと 見つけて 
母の熱を伝え  目の前で 氷枕を作るのを
怒り💢の 気持ちで 見た

私が 面会時間を過ぎて
夜の  10時に やっと
氷枕が

母は 頭を冷やされ
気持ちいいわ

と 寝入った。
顔は真っ赤だ。

私は冷たく 絞った  タオルを巻いて
ビニール袋に入れて
母の脇の下に入れて  オデコには
ひえピタシートを貼り

母の背中を  早く治れ治れ
熱が下がり  必ず  治る 治るを
繰り返した

母の安堵した顔が
私を勇気づけて暮れた。

看護士が 二人
部屋に来た  まだいらしたのですか!?

今日 泊まりますか?
何故か 喧嘩ごしの声だ

一瞬 悩んだが
いえ   アイスノンを待って居たら
この時間です

母を起こさぬ様に
静かに帰りますよ

母を本当に連れて帰る衝動に
かられ
辛かったが!!(泣)

自分の身体のセルフケアも大事だ
と感じていた

看護士には  全てチェック確認
しましたから
後は 宜しくお願いしますと 
 
我慢して
笑顔いっぱいに 頭を下げた  

部屋
には小さな音量で
クラッシックが

流れている

帰りのタクシーを 呼ぶ気力さえ
無くし 

缶コーヒーを飲みながら
一人

誰もいない  広く暗い病院の ソファー
に座り 

ふうーっと  私には珍しく  ため息を
つき   両腕を回し
その場で行進した

タクシーを呼び
明日は 母に何をしてあげれるか?
解熱しています様に   を!

タクシーの中で 考え 
車窓からの 移りゆく景色を

呆然と眺め  知らずに
両目から 大粒の涙が 止めどなく 
流れた

病院のミス
不信感︙

折角   退院間近に〜頑張った母に

と 悔しく  本当に母が不憫で

泣き叫びたかった。

明日は
又 頑張ってくれて居る 
母の闘病の 頼もしい相棒になるぞ!!

涙が枯れたら
覚悟が 強まった。

頑張れ母上

頑張れ  私!!





作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。