カテゴリー
介護 余命 在宅医療 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜 命の尊さを痛感し悩む日々が継続

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


私が 介護士長や 介護士さんらに 注意を
促し気をつけて欲しいと

つい 叱ったり 願い出たのは
けして 我が母だけを特別扱いして 

しっかり!
看て呉れと言う 自惚れではない…

マンモスペイシェント あの娘は煩わしい 等
思われても構わない。
 
自らの膠原病や喘息 ヘルニア等と
闘病している経験と 

命を掛けて 
母の人生  母の闘病を目の当たりにして

実際 在宅でも懸命なる介護をし 

細心の注意を払い 私がキーパーソンとなり

力を尽くしても  祈りに祈っても
そう簡単に 病は治癒 寛解は しない。

してはくれない。

患者さんは辛く
メンタル的にも不安なのだ。

死と隣り合わせ ……が語弊は有るが
リスクは必ずある。

昔は 医学が今の様に高度に発達していない
状態にあり  まっとうな検査治療も出来ずに
早死に。

医学は 人間の身体に対して
防御的であり 片や攻撃的なアプローチをする。

身体の防御を強め 闘病に打ち勝つ為に。

身体は筋肉と骨で組み立てられ
細胞の固まり……

脳と言う電気器管  心臓ポンプの頑張り

特に自分 自らの闘病の際には
所詮 如何に 
学び 仕事に邁進し

 闘病で のたうち回っても

もがいても 人間は細胞の集まり過ぎない?
弱い存在だな… と
ふと 感じた事がある。

しかしながら
母の場合には  余命宣告され
幾度も、ひつこく言われ  
看取りの話迄 
再三出ている。

なのに私を愛して信頼してくれて
将来に希望を抱きながら

か細くなった身体でも
奮闘してくれて居る。

如何に丁重に 
愛や
敬う志   感謝の気持ちで
介護に 携わらせて貰う!という
人間愛の
心替えが必要か

分かって居ないと

失望し喪失感すら 感じた。

娘の私でさえ 自らが母の介護を
出来る 有り難みを感じながら
感謝を
していると いうのに……

結局  私は やはり
危なくて心配で
毎日 母の部屋に通い
面会時間終了迄  

ひたすら

母の心と身体に 寄り添い

気づいた点は
介護士 介護士長 医師に伝えた。

けして怒り口調ではなく
私と共に 看ていきましょうと。

 すると
介護士さんらが
口を揃えて言った〜

やはり お嬢さんの いらっしゃる時には
御母様は 体調が良くなり
笑顔で 動きも 会話も 活溌になると。

私は 人間の身体に とり
不安 ストレス 機械的な扱いは
大敵であり!
  幾ら
点滴を増やしても

簡単に 上向きには成らないと
話した。

患者さんを
自分達の家族
親戚  近しい人と 思いながら

けして
流れ作業の様に
粗末に
接する事の無き様に 
 介護士長に 介護士さんらに
念を押した。

早く在宅で母を守りたい。

母も特別室に居たような
前向きな明るさや
笑みが隠れて  

気力が落ちてゆくのを
感じた。

可愛らしい ぬいぐるみで
私が明るく戯けたり  ピッタリ
寄り添い 介護をすると

私の身体を案じて
いつもの 母に戻り  
座って
少しやすみなさいね

やはり ママの娘は世界一よ!

と 言って呉れた 時には………
母が不憫で 温かく 頭が良くて

全て

把握し
おみとうしだ………

この命 ただ一度
この命 ただ一つ

私は初めて
母の枕の横に顔を埋め
慟哭し  大きく  身体を震わせた。

母の弱い力
優しい手の温もりを
頭や背中に  感じて
更に 泣いた。





#ぬいぐるみ#母の心#人間愛#メンタル的#介護日記#要介護5#バリアフリー#介護ベッド

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。