カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 退院に向けてカンファレンスNo.2

いよいよ カンファレンスの日が
来ました。

話が大腿骨骨折をしたときには
高熱40℃ 炎症反応CRp51
腰からお尻に大きな血腫!により 大出血
尿が出なくなり 尿管入る
意識失う日が数日続き 絶対安静
点滴から 多種の薬を入れ24時間点滴

心臓 喘息がある為に 少しずつ点滴を落とす
色々な環境の変化で 胃潰瘍が出来ぬ様にと防止薬

私は 嵐の日も お花 ケーキ プリン カーディガン等を 新しい購入しては 毎日必死に
母の部屋に 母に 会いに行った

ずっと眠って 居ても そっと
母の体を摩り 体を拭いて 皮膚科の薬をやさしく塗り 母に私の頬をつけて 生きる力
パワー 愛を懸命に 送り
語りかけ 歌を歌って……

看護士さん ソシャルワーカーさんに
沢山 話し合いを重ねて来た。

病院側はメンバーは 沢山のカンファレンス
私は一人だけれど母を愛する気持ちが
疲労して居る私の応援

皆がカンファレンスの部屋に一人 一人入って来る。 私は 一人一人に落ち着いて挨拶をしながら 着席する。
医師から ご家族は?
お嬢さん 今日はお一人ですか? と
驚きを見せた。

ええ 私は母のキーパーソンですから大丈夫ですと 持参したノートを広げ 日付 メンバーの名前を まず記した。

今の段階での 退院 自宅介護には 介護センター、ケアマネ…訪問介護の医師
どこが良いか
散々 私は寝ないで調べ尽くしていた。

もし、そこが 受けない!と 答えて来たら
この退院は 難しいと 考え抜き
医療に特筆した 医療センター訪問介護センターを 希望としている旨
母と私の 深い気持ちを 長い時間
伝えた。

医師は 繰り返し 母の検査記録の比較しながら
薬や天敵の変化
母の容態診察記録をいくども照らし合わせ
看護士長 担当看護士の話を
聞き 毎日通って来た私の母の変化を
聞き出し 総合的に

私の願っている 医療センターの訪問医師 ケアマネ
訪問看護士 ヘルパーの依頼に 賛成してくれた。

医療に特筆した 在宅介護センターは
唯一 此方だけなので 本当に嬉しかった

但し 準備手配があるし
一週間 まだ病院で治療中 母に新たな変化が起きなければ

又一週間後に 呼吸器科の医師 医療在宅介護センターのメンバー 市の担当者も含め
カンファレンスを 実施する事と 成った。

有り難うございます
今後とも よろしくお願いいたします
と 私の疲労が 飛び去り
医師に 皆さんに 大木な声で
お礼を述べた。

そして 最上階
特別室に入院して居る母の元へ
エレベーターの中でも 駆け足していた。

うん、必ず 母は大丈夫!!
母の頑張りで 確かに前進だ。
この先 私の負荷が増えようが悩もうが
母に 精一杯つくす!!
と 心に誓った。

私のノートの間には 亡き父の写真を入れて来た。 ソシャルワーカーから再三
私の体調を案ずる声が上がったが
私は死ぬ時は 母と一緒 本望だと 心の中で決意を深めていた

久しぶりに私は口紅を赤に塗り母の部屋へ歩いて行った。





作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。