カテゴリー
膠原病 闘病

病病介護を振返り~ 関東 横浜 東京 も いよいよ梅雨入り……

私が 誤診に 遭遇した あの日
あの日も
6月 梅雨入りしたばかり
の とある日だった。

どう 表現したら 端的に リアルに 綴り
記録を 残す事が 出来るのであろうか?

最愛なる 今は 亡き我が母上様 が
長年の 多忙さ 故に 酷い 帯状疱疹 に 罹患し

私は 母を 慌てて 病院へ。

なかなか 皮膚症状 痛みの軽減には
時間が掛かり 心配な毎日……

豪雨 雷 そして 皮膚を 刺すように 痛い
強い陽射し

一日に 陽気の変化が 凄まじい 数日間。

病院への お見舞い 仕事 買い出し
家事 全て

髪や 服は ずぶ濡れ
そして 数時間で 焼けつく太陽に 乾かされ…

当時は ロングの髪を ベリーショートに
したばかり
カラ!っと
乾く程

ある日 荷物一杯の 自転車を 押しながら
横断歩道を 渡ろうとした その時!!

なんと 左足が 麻痺して 動かない

信号が 変わってしまう❣

ドキドキ 焦りながら
何とか 利き足の 右に 重心を傾け

無事に 渡りきった…

疲労か? 生まれて 初めての出来事。

幼い頃から スポーツ
得に水泳は 母に 有名な スイミングスクールに
入れて貰い 筋力には 自身が有った。

今だから 話せる
俗に言われる 文部両道 彩色顕微?

まさか もう 一度 必死に 左足を
コンクリートへ 踏み出そうと
力一杯 蹴ってみたが

少しは 動くが 感覚が 鈍い。

しっかり 帰宅して シャワーを浴びて
即 睡眠を たっぷり 摂れば 私は 大丈夫❣

我慢強く 太っ腹 度胸!! が有る
私は 不安を
吹き飛ばし 右足 両腕に 力を込めて
家路を 急いだ…

まさか この 現象が 誤診を 招き

後遺症として 自己免疫疾患 膠原病
に 成ってしまうとは

思いも よらず…

最愛なる母上様からも
その後 毎年 6月 この時節には

充分に身体を労り
気を付ける様に❣ と 毎年 言われて

自ずと 未だに 自身で
恐ろしさ と あの日を 彷彿しながら

繰り返し 繰り返し
毎年 この6月には 特別な 思いと
セルフケアー に 気を付けては居る。

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。