カテゴリー
介護

病病介護を振り返り〜  在宅介護へ向けてのカンファレンス!








毎日 毎日

強い祈りをしながら 母の待つ病室へと
気持ちも はやり

足の痛みも 全ての痛みに
 湿布にサポーターで!
早足で タクシーや ハスに
飛び乗り  向かう日々

母の無事 母への応援

母の笑顔 回復が見たい 一心で!!

今日は  いよいよ
母の退院
  在宅医療 在宅介護への
    カンファレンスだ。

晴れた 空を見上げる私

大丈夫だ!!
 固く 拳を握る。

医師に 確認する事を
 タクシーの中で 補足する。

ようし!!
   今日も 母の幸せの為に
   感謝  ファイトである。

  今日はケアマネージャー 
   役所担当者  栄養士も集う。

病室に 入る前に 

   重篤患者を示す
   赤丸シールが
   黄色シールに🌷

  やった!!
    母の頑張りに 涙が溢れ
    深い深呼吸を 繰り返す。

  母上〜  こんにちわ。
    来ましたよ!❣

  今日の 体調は如何かしら?
  
   母は  ニッコリ笑顔で
    迎えて呉れた。
  
   私は 母の大好きなプリンを
     さあ! ゆっくり
    一緒に 食べましょ。

   ベッドの角度
   母の座位を しっかりスタンバイ
   しながら
 
   母の呼吸音を
     慎重に  聞きながら

   二人して  一緒のペースで
   食べ始めた。

  ねぇ  退院したら
    一番食べたい物は何?

  一番 したい事は なぁーに?

  私は 母の頑張りを
    心底感謝しながら
  明るい 話題を  母に
    あれこれ
   ゆっくり  質問した。

  私は  母上のベッドで
    手を繋ぎながら

   お喋りをしながら 一緒に寝たいわ🍀

  母も 嬉しいわね
    そうねと。

   
   母には
    先生達と 今日は退院!に向けて

   お話し合いが 有るから
   元気に  楽しみに待ってて頂戴ね!
  
   明るく はしゃいで告げた。

   
   母は 退院出来るの??
     まだ 点滴の身体を
   眺め  擦りながら
   不思議な顔で 私の顔をしながら
   訪ねる。

   
   当たり前でしょ❣
   
    私の魔法で 母上の病を
    エイヤーと  治しちゃうから。
    ちちんぷいぷい よ!
 
   母は 笑いながら
     うん  そうね(笑)と
   半信半疑

   大丈夫 大丈夫 大丈夫よ!

   
   すると ソシャルワーカー 呼吸器科医師が
   お部屋に 入ってきた。

   医師は ササッと
   母の体調を診る。

   ソシャルワーカーは 椅子を幾つ
   お持ちしますか? 私に聞く。

   いえ 待ってください
   申し訳ないですが
   空いている 談話室など
     有りませんか?

   此方のお部屋では ちょっと。
   
    私は 沢山の人の入室
    話し合いを 個室だからとはいえ

    母にみせたくは なかった。
   
    ソシャルワーカーが 分かりました 
     部屋の調整を 行いますと

    ケアマネージャーも 母に笑顔を
   見せながら  こんにちわ〜と
    母の手を握る。
    
    母も綺麗な笑顔を見せながら
      有難うございますねと。

   20分程度 待つと
    談話室へ 招集された。

   役所の担当者 栄養士も
   母に 挨拶を済ませてから
   皆で  移動した。

  
   さぁ!! 頑張る
     私は気力を強めた

  看護士長 看護婦さんらも参加

   まずは 医師からの
     過酷なリハビリ
     看護婦の ミスの詫びの言葉が

   そして 今日の朝のデーターや
    検査結果 報告  
      母の様子が
  
   私の 質問 念押しを はさみ
    進行してゆく。

   そこで 私は 退院の希望 目処を
    おもむろに ぶつけた。

   医師は 腕ん組み
     私の目を見据えながら
   黙りながら  話を聞く。

   そこで ケアマネージャー
     我が家にも 数回 母の様子を

   見に 来てくれた
     役所の担当者は
   私の 方針 決断の
     援護射撃を  其々の考えの
   言葉で
     語りだした。

   
   大事な母の命を
      母の気持ちを尊重したく
   医師と 私との
     やりとりは 長引いた。

   
    運良く 母の解熱 痰の鎮静
    前向きな 気持ちの復活ゆえに

   医師からは
     
     なんと!!
   自宅に 戻すには
    今が 体調 諸々 良いタイミングだと。

   
   又  下降線にならない
     今のタイミングにと。

   
   わぁー
    皆さん達から
    緊迫した  時間が長く
   
   驚き 喜びの歓声が上がった!

   私は 医師に 頑張り
    母を守ります!!
   ご理解して下さり
     有難うございますと
   
    立ち上がり 幾度も
      お礼を告げた。
   
   メモを読み返しながら
      私の目は 涙で 霞む。

   ケアマネージャーが バンバン
      力強く 私の背中を叩いた。

   私は 暫定で 良いので
    在宅医療 在宅介護の
   プランを 練り上げて
  
   私に見せて呉れる様に依頼した。

   医師が退室した 後も
   皆さんが  残り
    エールを送って呉れたのだ

   
   ソシャルワーカーには
     万が一の際には

   又 救急車での受け入れは大丈夫か?
    念押しをした。

   皆さんから  
    本当に お嬢さんが熱意が
     叶いましたね

   おめでとうございます
     そして 呉ぐれも
   私の体調を 回復させる様に
    心配して呉れたのだ。

   
  私は  3日後 昼過ぎの
    退院に 向けて
  自らの体調回復と
   
   母の命を握る 責務を
   再認識し
   
    神仏に祈り  

   カンファレンスの皆さんに
   お礼や 此れからも
   お世話になりますね と笑顔て強さ
   をアピールして
    挨拶をした。

   やはり!やはり!!
     嬉しい❣🌺

  
   在宅介護に戻れるのだ。

   ある 意味
     母との 最期に なるかも知れぬ

    大事な毎日を 共に過ごせるのだ。

   万感たる思いで
      胸が一杯になった🌹!!

ユーチュブジョンココチャンネルオリジナルグッズ販売中



#在宅介護#ケアマネージャー#プリン#母上#体調回復#介護日記#要介護5#在宅酸素#終末期

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。