カテゴリー
介護 看取り

病病介護を振り返り〜  深夜の緊急入院




病院へ やっと着いた
母は 本当に 頑張ってくれた…

我が母を  心底 賛美している我
   
サイレンと共に 揺れる 揺れる キューカーブ  段差に
母の身体は 揺れる 揺れる…… ガタンガタン ガタガタ ガタンガタン  

私は 転倒しそうに成りながら 母を 抱きしめ   
声を掛け続けた。
腰を  強く打った様だが
眉間に  シワを寄せ頑張ってくれる  我が母上を愛おしく不憫に思い
力一杯  抱きしめていた…

何だか  数時間 救急車に乗って居た様な
数日間  母と二人だけで闘い抜いた 感覚。
此れに  類似した事何回   あっただろうか

いつもの医師が偶然 当直で  居てくれた………
ふと 又  必ず❢❢❢
母を救って   欲しい

少し 医師の顔を 見て安堵したのか

私は  四肢の痺れ
滝の様な  汗に 気づき
再び  冷たい水で手足を  洗い
医師に   母の状態を報告した。

母はリカバリールームで
沢山の管に  繋がれ
薄れゆく意識の中でも
私の姿を  目で 追っている様子が
浮かび………

ごめんなさい
 ごめんなさい

私は すぐ傍に居るから安心してね
大丈夫  大丈夫よ
母に通じる様に懸命に  心は泣きながら
胸に  手を合わせ祈り  叫んで居る

数々の  検査に移動されるだろう

リカバリールームへあと 少ししたら入ってゆこう❢❢❢

幾度も看護師から  外で お待ち下さい!!を 言われて 来た経験上

直ぐには   入れないが やはり   母を一人には出来ない。

リカバリールームの 真ん前のソファー待合室で

私は  自らの不調 痛みを 忘れ
強く   握り拳を!?
天国の父に 又  力強く
祈る  祈る   祈る

身体は 疲労困憊していても
頭は    キリリ❣❣❣

医師に質問する事柄
検査後には緊急入院 確実であろうから
個室❢❢❢を  希望しよう!!!

母への   恩返しに私が出来る事を
色々   考える。

必ず    今回も母を助ける。
苦しみから   一刻も早く母を  救いたい………

後から  次次に  救急車🚑が到着して来る………
気持ちが   何故か焦る。

母を  後回しに されぬ様に
私は   勢い強くリカバリールームの扉を  拳で 叩き

失礼いたします

私は 入室する………

母は 何処に???




カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜母の急変ナンバー2

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


何故 看護士さんが
母の付添を離れ 一人長く放置されたのか?

ナースコールが立て続けになり
母に
お一人で 少し待っていてくださいね

と 声がけして
その彼女は 手漉きの看護士さんに
母を 部屋に戻すようにと
口頭で 告げて その場を 去ってしまった

バトンを受けた 看護士さんは
母の顔も 部屋も分からずに
ナースステーションやら
駆けずり回っていたと。

このフロアーか 下のフロアーの
患者さんか さえ 聞かされずに
分かりましたと  バトンを
受けてしまい

その結果が  こうだ

あまりにも  初歩的なミスに 私は
呆れかえり   言葉を失った。

やっと医師が どうなされましたか?
と 母の部屋に外来から
飛んできた。

先生
心臓病もあり ステントが入っている身体
で  肺炎

なのに  もう?!
リハビリとは?
其れも   朝は一時間
今は  エレベーターの近い廊下で
一人 放置され   私が発見しました

一体  無茶苦茶な  有り様

直ぐ 看て 治療してください!!

医師は
え!?
本当ですか?

焦りながら 母の診察をして
看護師長に  後で詳しく説明して!
と 怒りながら

処置の指示を 与えてゆく。

看護士より  普段の介護を
している  私の方が細かい 母の情報を
把握して居るので

医師に 伝えた。
はい はいと 医師はメモしながら
私に 申し訳ありませんでした。

今  指示を与えましたから
又   士長から  外来に連絡を
入れさせますから
もう一度   外来を終わらせてから
伺いますね
すいません   外来に行きますと 私に
一礼し  走り去ってゆく。

処置
 
案の定  血圧低下に
心臓の動きが弱まり
血糖値も低め

酸素飽和度は  ぎりぎりセーフ?

早速
点滴 が増えてしまい スタート
酸素は 鼻から

微熱があり 氷枕も あてがわれた………

酸素が 上がれば
母も 目を開けて呉れる

一体 なんて事だろう

何と無責任な!!
私は  看護士長   ミスをした
看護士を  部屋に呼ぶように
伝えた。

私は  クレーム担当ではない!!

穏やかな 安心出来る環境で
明るく  
治療を受けながらも
個室で   音楽や 沢山の花に囲まれ

母に より早く
元気に回復して貰いたい!!

そして一日でも早く
在宅介護  在宅医療を

それが
私の望みである。

私は クレーマーでは
ありません!!
看護スタッフに   然りつけた。

私自身も 20歳代に 誤診に遭遇して
大変な事を  経験し
今に至るが

こんな  無様な失態を
見た事  経験した事はない……

どうか
体力低下から   母の肺炎が増悪せぬ
様に    母の身体を摩すり
祈りに祈り

訪問医師に電話を入れた。







ウイルス除去率99%チャーミスト




#心臓病#肺炎#リハビリ#初歩的なミス#介護日記#介護疲れ#要介護5#バリアフリー#血圧低下#看護士さん

カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜 一般病棟個室での母の頑張り!!

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎
選べるおもてなしカタログギフト【シャディ公式】。



ある日  私が母へお花やプリン等を買って 

母の病室へ 明るく
 張り切って  母上〜来たわよ〜と
入ってみたら   ベッドは空。

あら?検査かしら?
何も聞いてない。

 まさか 緊急病棟? 
 ドキドキ不安が過る! 
急変!? 

 
介護士さんに 聞いても
緊急病棟へは 移動していないと。

車椅子もない〜  何か するなら 
私に伝えて貰わないと(汗)
困る!!

 
ナースステーションに声がけしたが
皆 が 口を揃えて
 お部屋にいらっしゃるはずです…よ

呑気な  返事である。

私は あちらこちらの
廊下や  窓の有る 通路を 走り回る。

と!!

母が車椅子に拘束されて  
項垂れて   
 一人ポッチで窓の方へ
向かされて居る!!

え???
一体  何か?リハビリなら
介護士が 傍に居るはずである。

母の血圧が低そうで
顔色も白く  手もつめたい!

私は
急ぎながらも 母を個室に向かって
丁寧に 声がけしながら
車椅子を押した!!

しかも遠いい距離 
何て事だ!!   
信じられない

部屋に着くと
ナースコールを 何度も押した。

なかなか誰も来ないではないか!!
なんて   怖ろしい事を 

母は 私に頷く位で
反応も弱い!

疲れきり 寝入っているのか?
この冷たい 頬  指は?

次に 談話室  スタッフルームを
ノックして 歩き 介護士長を探し回っだ。

やっと ある 談話室で
患者さんと話し合い中の介護士長を
見つけ出した。

 私は介護士長の名前を呼び
母の状態を話した。

 
説明は  言い訳は??

車椅子に座らせて
筋肉を落とさぬ様に と 介護士に
看させながら  30分 ベッドから
移乗させたと

そんな  無茶な!!

私は状況を 急いで
説明する

誰も付き添いは居なく  母は一人 項垂れて
車椅子に
意識レベルも薄れ
真っ白な顔で  様子が  悪い!!

早く 母を看てくれと 
私は 杜撰さに 怒り 

ナースコールにも
応答無し!     どうゆう事か!?

早く!!!  来て下さい
早くと     介護士長に

怒鳴る気持ちを
   必死に 堪え

手招きした。

  介護士長は
驚き    私に又  謝り
私と共に   母の部屋へ
走った!! 

 何故?  他の介護士さんらも
母の行き先も
把握出来ずに   付き添い介護士は 
何処に  行ったのか!!?

流石に  命を預かる医療現場で!!
あり得ぬ事を   と
怒った。  

会計事務所経験を活かして在宅で働きたい方募集中【ジャスネット在宅スタッフ】






#リハビリ#車椅子#談話室#ナースコール#介護日記#要介護5#プリン#冷たい頬#介護士さん

カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜  特別室から 一般個室へお引越し!

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


私は 母の回復を願い 新しいフロアーの
医師や介護士さんらが
良い方達で  しっかり
 母を診察 丁寧な介護に携わって呉れる事を
願いながら

エレベーターを母の肩を抱きしめながら
特別室の介護士さんらと

新しいフロアーのナースステーションに
声を掛けて  先ずは 介護士長という
又 初めて会う  女性に挨拶をした。

何だか 心細い方だな(汗)

随分 特別室の面面と違うな……内心ショックを
受けたが 

 一応  ナースステーションに
居る 介護士さんの 顔と名前を
見ながら  一人一人に挨拶をした。

その間  母は一番奥の ナースステーション
斜め前の個室に  移されていた。

母の名前の上には 重篤患者を示す赤丸シールが
まだ 貼られた………

もう 黄色……中程度に(泣)
 シールを見つめて佇んだ。

赤丸シールを見つめて  スマホで撮影した。

必ず 赤丸→黄色ー    そして白丸になり
退院させて 我が家で訪問医療  訪問介護

最期の親孝行に 私が!!
徹夜の介護も 惜しまずに  母の傍に
必ず居て  安心感を与えたい。

部屋は広く ベッドも大きめで
窓も広く   ナースステーションが近い
のは 少し安堵した。

母は既に ベッドに座らされていた。

先程の輝く笑顔から
不安げな 元気のない雲った顔付き。

角度が辛そうなので 私が
大丈夫よ ゆっくり ゆっくりだから
目眩はしないわ

と 母と目を合わせながら 目線を合わせながら
本当に ゆっくり ゆっくり
ベッドの角度を上げ70度位にした。

母は ああ、 楽に成ったわ
と 少し笑みを浮かべて呉れた。

あの角度は 私だって
呼吸がしずらいわ
とカチン!と 来たけれど

今日 引っ越したばかりだから 仕方ないか?

徐々に 介護士さん 一人一人に
穏やかに 明るく 母の状態やサジェスションを
伝えながら  
より快適な入院生活を
母に送って貰わなければと   
考え直した。

そして 新しい介護士さんらが4人程
入って来た。

母の身体のチェックを開始しようと

いきなりのスピード!でベッドを
真っ平らに下げた!!

母は 目眩が
目眩がする   止めて!!と!
 ベッドを柵に
細い腕で 必死に掴んで居る。

私は
まさか!!(汗)
嘘!!信じられない。
悪夢だ!

母の年齢や 病状を考えてください!
物を扱うみたいで いきなりは
酷いですよ!!

何故?声がけをしながら

ゆっくり 患者さんの顔色 状態を見ながら
出来ないの!?

母は吐きたい 気持ち悪い……と私に
震える小さな声で 訴えた。
  
全身も 震えて
ガクガクしている

若い介護士さんに 早く 洗面器を!

急いで!と つい 命令口調になった。

吐いたものが 気道に入れば
更に治療が遅れ
万が一 また 肺炎に!!

私は 介護士さんと二人で
母の体勢を 整えて
大丈夫よ 
吐きたいなら 此処にと

私は バスタオルやタオルを 咄嗟に
母の顔横に 置いた。
 母の顔を 横向きにさせた。

真っ直ぐに嘔吐すると
嘔吐した物が気管支に流れ込むからだ。

他の介護士さんは
本当に申し訳ありません……と
私に謝ったが

申し訳ありませんじゃ
済まないですよ。

今は 特別室から 笑顔で 此方に
移って来たばかり 
  
幾ら 母の状態を 万全に把握していなくても

氏名には赤丸シール

引き継ぎや 看護サマリー
電子カルテを 見て居ないのですか!?

肺炎を患って居る患者に
する事ではないでしょう❢

普通のお年寄りでも
この様な事をされたら
どうなるの?

私は 更に

看護学校で 何を学んで来たの?
何人の患者さんを看て来たの?

貴女達にも 大切な親 お年寄りの家族が
居るでしょ 

 この様な事をするの?

母を抱きながら つい 叱って居た。

母の為に
母以外の患者さんの為にも!と!!

穏やかな安心感を
抱ける病院 病室を願ったのが

何故??

本当に唾液でも 誤嚥に繋がり
肺炎を起こすと 言うのに………

死に繋がる怖ろしい病だ。
特に身体の弱った高齢者 老人には。

何の為の入院継続か?

情けなくなり
母が不憫で  私迄  目眩がして来た。

危なっかしい………

今迄の緊急病棟〜
特別室での治療に頑張り

母は何とか 口から
ソフト食 嚥下食 プリンなどを
摂れる状態に  回復して来て

笑顔を見せて呉れて
素晴らしい塗り絵 デッサンすら
出来る!

なのに………何故?

母は暫く 真っ青な顔で
気分悪そうに  私が渡したタオルで
目を伏せて居た。

母に謝りながら
摩すりながら お家に帰ろうか?
と  つい  私は口にした………

訪問医師とケアマネジャーに
連絡をして
又 カンファレンスを開き
退院を願い出よう!と 頭の中は混乱していた。

先程の介護士長が
恐れ入ります
御母様  大丈夫ですか!?

本当に
本当に申し訳ありませんでした。 

お嬢さんに適切な対応を
本当に申し訳ありません…… 

頭を下げる。
頭を下げても 万が一!

私は
在宅介護で 
母が肺炎を起こして居ない時 でも

ゆっくり 下げるわよ
ゆっくり 上げるわよ

大丈夫? と明るく大きな優しい声がけと 
顔色を
見ながら ベッドの角度も慎重に
看て来た。

事実の事だ。 

私は半ば 緊急病棟や特別室のスタッフ
我が家での 訪問医師 訪問介護
私の介護と   あまりにも
掛け離れて居るので

呆れからか?  怒りやら
どーっと  疲労が出て 座りたくもなり
脳内もコンフューズして………

なので
介護士長に 長々と 説明は
避けたが  

くれぐれも とおとい命を
唯一無二の 命を

もっと しっかり
一人一人の介護士さんらに

敬う心と 愛情を 持ちながら
けして
流れ作業に ならぬ様に
介護に…精進して欲しい旨を
静かに 語った。

そして
私に謝らず 母に
丁寧に 反省して 謝って下さいと
伝えた。




 




 

カテゴリー
介護 余命 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜  特別室から個室へ。

|
#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


母の特別室での 闘病 リハビリ 頑張る 
輝いた姿を 声を そして談笑出来た 
笑顔を  

私は 一生涯
私の命をが 果てる迄 胸にしまい 
大事な宝物である母の輝いた人生と共に
忘れまい。
 
どれだけ 沢山の事を母の闘病する姿から
学んだ事だろうか。

学校 大学 仕事での学びより
遥かに尊大で  奥深い。

私にはケシテ  真似が出来ない。
私は  母の描いた 紅葉
私の横顔の スケッチ 塗り絵を大事に
バックにしまった。

流石に芸術家
要介護5に認定され ベッドに拘束され
辛い治療を 受け続けたと 言うのに

素晴らしいグラデーション
構図

胸が震えた!!
本当に 勿体ない!
私の ミスさえ無ければ………

まだまだ 明るく美しい母は我が家で
大切な老後を 満喫し
幸せな煌めく笑顔で 暮らしていた。

母は2歳の頃から人間国宝 水彩画の画家に
生まれ故郷の実家  田園調布の薔薇に
囲まれた豪邸の お嬢様で  習い事を
色いろしていた。

母の描いたデッサン 塗り絵に
私が更に おこがましくも 描き足して
日展にだそうかとさえ  思った。

この特別室は 母の闘病する場所に
相応しく 携わって呉れた 医師や医療スタッフに
感謝で一杯だ。

とうとう 庭に出て 私が車椅子に
母を移乗させて  ユックリと
母と娘    二人で景色を眺めて
新鮮な空気を満喫する事は無理であった。

やはり 治療現場で忙しい。
母を疲労させても ならない。

私は残念な気持ちを 抱きながら
母には 賛美と労いの気持ちを伝えた。

人間の病の治療    特に高齢者は
急変のリスクや 夜間に痰が気道を塞ぎ
苦しみながら窒息する リスクも高い………

自宅に戻り 仕事をして明け方
眠る前に 必死に祈りに祈った。

私の命を全て母に捧げても良いですから
母をお守り下さいと。

母の愛娘の私
音楽の流れる ゆったりした環境

沢山のお花を眺め ベッドから
外の景色を眺めて

親子水入らずの談笑
それが どんなに短い時間だとしても
毎日 会える安心感を
母に感じて貰えると

回復が早くなる。
母の食欲 顔色 声の大きさ
ベッド上での 動きの回復

一つ一つ
母は 私の愛に応える様に
頑張ってくれる。

医療加療だけではない………
毎日 母を見て
感じた真実 現実。

一つ下の階の個室にお引越し。

母の意識は すこぶるクリアーで

お引越しするの?寂しくなります。
中には若い介護士さんは 嫌よと
泣いて呉れた。

私がお礼を伝えると
ナースステーションから
次々に  お大事にね。
たまに 会いにゆくから 必ず元気で居てねと
本当に 皆さんに愛され

母は一人一人に 握手と マリア様の様に
気高く美しい笑顔で 有難うね
と 応えていた。

私は 心から母を誇りに思い
私一人の母では ないのだ!

より一層
全身全霊で 母の命を守る 強い 責務を
心した。  

私が車椅子を 押したかったが
3人の介護士さんが 車椅子を押させて下さいと

荷物も二人のヘルパーさんが
持って呉れた。 

この特別室と この景色とは
今日で さようなら

広い部屋の大きなベッドに
輝きを失せぬまま 美しく
座り 頑張り 笑顔を見せて呉れた
母の残像を      目の奥に

しっかり!焼き付けた。  

お世話に成りました! 特別室にお礼を
言って  小走りに

私は
母の元に着いて行く!!

さあ!
又   母と私の二人三脚が
新たなる
病室でスタートする。

必ず  元気で母を退院させる!

母の車椅子に座り笑顔を
横から垣間見て    決意を新たにした。

必ず 奇跡を起こす!!

余命宣告   看取り??
等     まだまだ 
母には無縁だ!!

私は 母上
万歳 万歳 万歳

皆様 有難うございます〜〜と 手を振り
大きな声を上げた。

母も  私を見つめて 手を振りながら
満面の笑みを見せて呉れた!!

歓喜の瞬間 
私は 母に駆け寄り 肩を抱きしめた!!

神様 父上
母の命を 頑張りを お守り下さい………
心の中で感謝 祈りを   捧げていた。








カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り〜母と私 特別室での時間

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎





一人で観た今年の桜寂しいのは本音でも 温かな体温を身近に感じて嬉しかった。  早くも葉桜…
”病病介護を振り返り〜特別室での母娘の二人三脚”

病病介護を振り返り〜母と私 特別室での時間
2020-03-30 15:40:21
テーマ:ブログ

人間
誰しも いつかは天に召される。

人生どの様に 濃厚に充実感を覚えながら
諦めず 頑張り

周りの人々に 幸せをお裾分けをしたり
やる気を与えたり
 如何に精一杯
努力し輝いた 時間を持てたかが
大切な事と 母も私も同じ思考で生きてきた。

置かれた立場で咲きなさい
  皆さんもご存知なポジティブで
慈悲深い素晴らしい本である。

私のベッドサイドには
聖書と  この頃は 置かれた立場で咲きなさい
がある。

肉体的に病の私は本当に疲労困憊する
やや へこむ時も 正直人間なのである。

しかし 私が立ち直れるのは
やはり 母の前向きさ 私への愛の深さ

そして 満身創痍に近い私でも
胸を張り   生活 介護に全力投球出来るのは
両親に五体満足に産んで貰え
学問 情操教育 習い事を 多数
母から素晴らしい贈り物を貰った お陰である。

つまり愛と感謝一杯の人生を生きて来れたからだ。

病院のスタッフの皆さんから
本当に明るく 良いお部屋ですね!
愛に溢れていますね。

御母様 お嬢さんは
常に 周りに配慮があり 笑顔いっぱいで
私達が どんなに 元気を貰い
もっと頑張らないと と考えさせられます!

私は本当に母を尊敬し 愛して居るのだから
当たり前の事と 純粋に思い 毎日
特別室に皆勤賞!

帰宅してからは仕事も 待っているが
母の頑張り
一日 必ず一歩の前進と回復を
してくれているのが 私への大きな力となり

母の笑顔を見ると ふと童心に戻り
内心は心配 祈りどうしながらも
温かな穏やかな 純真な気持ちで 
若々しく笑顔が 自然に湧いて来る。

この様な母を持ち 私は心底
恵まれて居る。

周りは心配して 母も勿論
毎日 来ないで 一日 ユックリやすみなさい……
と私を案じて呉れるが
この幸せな母との時間
二人で共に一心一体で頑張れる今を
胸に刻みながら
毎日を大切に 触れ合う時間が至極の宝物。

ユックリ ユックリ
上手に ソフト食 嚥下食を
経口から食べて呉れる母を見ると
私は 喜びでお腹一杯に成るのだ。

よくぞ 毎日明るく頑張ってくれて
有難う   私への労りを有難う……

この気持ちがお互いを元気にさせ
周りの方にも喜び 頑張る力を
知らずに与えて居るのだ……

私も自分の薬を ソファーに座り
服用し 痛む箇所には湿布やサポーター

母は私に 何も食べないの?
病院の食事を私に アーンして呉れた!

幾らでも院内レストランやカフェ
売店で買えるが  私には母との二人きりの
特別室に 出来る限り一緒に居て
母を摩すり肩を叩き  

笑わせながら共に 過ごせるのが
最高に幸せだ。
母のソフト食  アーンを
一回だけ 母親と娘に戻り
食べさせて貰った。

いつかは
お別れが来る………心の片隅で
覚悟しながらも  明るくポジティブで
二人三脚を 長く長く継続しよう!

母の愛と大事な時間を
私は一人占め!!

置かれた立場で  母も私も
輝き 時には 汗を流し
辛さもあるが   立派に咲いている。

二人で窓からの景色を眺めて
幸せね

母の瞳は何時も どんな時でも
麗しく 女神の様に 輝いて居る。






#母親と娘#ユックリ#特別室#ソフト食#介護日記#介護者#要介護5#介護ベッド#バリアフリー
AD

カテゴリー
介護 余命 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜特別室での母娘の二人三脚

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


特別室二日目 
 母は環境が異なり
昨日はバタバタしていて 私が訪れた
昼間には まだ 多少咳こみながら
眠っていた。

病院の朝は早いが 此方は静かだ。  

母の寝顔にキスをして 柔らかく手を繋ぎ
私のパワーを母に注入してから

そっと ロビーのソファに缶珈琲と共に
よいしょと 静寂の中  座り
度々 深呼吸を繰り返した。
  
外は長閑で幸せそうに見える が
私も 母が頑張り生きてくれていて
一番 幸せな人間だ!心底
窓を見上げ 空に祈りを捧げた。
 
お嬢さん〜こんにちわ。
お昼に間に合う様に
いらしたの。
本当にお身体は大丈夫ですか?
介護士に 聞かれた。

私は母を見て居ると幸せで 嬉しくて!
大丈夫ですよ。 
母と二人三脚を
病室でも頑張りたいのでね。

そう  
母の人生を端的に説明すると
介護士さんは 素晴らしい御母様ですね!!

お嬢さんの頑張りを よく理解しました。

先生にも話しますね

はい うーんと 母を敬いながら
ご高診宜しくお願い致します(笑)と
お伝え下さいね。

私は缶珈琲を飲み干して
介護士さんと母の部屋に向かった。

起きていらっしゃる?
ちょっと測定しに来ましたよ〜
寝てらっしゃるわね

静かに やりますね。

私は窓を開けて空気を入れ替え
小さな音量でクラッシックを流し始めた。

介護士さんは お嬢さんの趣味?
素敵なお部屋ね。
御母様に ピッタリ 癒やされますねと
笑顔を母に向けた。
 
母が好きな曲なんですよ。
昼食には 母をお越して 音楽のある
環境で  又チャレンジして欲しいわ。

私は安堵して  たまに
たん絡みの咳を繰り返す母に
今日も私が食べさせよう!

介護士さんに 食前に熱々たタオルを3枚
お願いした。 
 手足
顔 身体を拭いて クリームマッサージしてから
ユックリ 又上手く 経口から
母が沢山食べれる様に
祈り 

私は栄養ゼリーを 一気に流し込み
薬を服用し ようし!
今日も頑張るぞ と気合いを入れた…

まだ熱がある母の頬はピンク色
 
拘束はずしますね………
介護士さんに告げて
そっと 母と身体を楽に自由にした。

母が目を覚ました! 起こしてごめんなさい 大丈夫?

お顔とか拭いたら
お昼を2人だけで 食べましょ

母は そうなのね?
笑顔を見せて うん
あら?音楽が   素敵ねと
穏やかな顔

私は母の髪を丁寧にとかし
母と髪に触れた
 母上 綺麗な髪ね
ロマンスグレー
こんなに似合う人 初めて見るわよ

お婆さんに見えないかしら?

又母の茶目っ気が出て
2人して 笑い転げた(笑)
こんなにシワ一つない お婆さんは
存在しないのよ
まるで 赤ちゃん
  まだ母と笑えて  幸せ 感無量

母も 私に 大きな赤ちゃんね
小さな頃と変わらないわ
可愛い子ね

優しく笑いながら
手を細く成った指で  私の腕を撫でて呉れた……

ついつい 母の頬に顔を埋め
涙が頬を伝った
お願い 長生きしてね  
頑張って親孝行するからね

母は 手を伸ばし
私にもの頭を温かく 弱い力で撫ぜて 
髪をなおして呉れた。

介護士さんは
又来ますね

お食事とタオルを
持ってきますね  

母の私を
ニッコリ 眺めてから
部屋から出て行った。






#介護士さん#綺麗な髪#音楽が素敵#手足#介護日記#要介護5#バリアフリー#介護ベッド

カテゴリー
介護 看取り 誤嚥性肺炎

病病介護を振り返り〜 特別室入院スタート

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


医師の診察では 左側に雑音がまだ聞こえるので 

確かに治癒へ向かって居るが
引き続き抗生物質や栄養価の高い点滴を
一日2回行うと 説明があった。

血管が細く もろい母は 
指や足からの痛々しい物であり 
手には拘束ミトンが変わらず嵌められた。

私はまだ 母を苦しめる誤嚥性肺炎我が
憎らしく 残酷に
感じたが 母も前向きで在る冷静さが 
私を 逆に力強くさせた。

先ずは 試しから 経口栄誉トロミドリンクと
栄養士 介護士による
ソフト食
嚥下食 の2種が 今から早速
試される事に成った。  

ベッドの座位 首の角度を 私も交えて
試し 先ずは一日3食 合計800カロリー
目標に 時間は一時間掛けて良いからと
どちらが むせ込みづらく 嚥下しやすいか?
実験開始だ。

やはり点滴やミトン
身体の拘束で 母は食べづらく
私が居る際には
手のミトン 身体の体制を保つベルトを
外す様に 願い出た。

私が 外すと 母は 楽だわ!
てため息をつく。
食べよう!と 気力が湧いてくれた。

良かった! 
白衣の男女
人が沢山 周りに居て 普通でも 食べる気は
失せるのに 拘束まで(汗)
 
介護士が 私に拘束を外すのが 手慣れて居て 
医療関係者の方かしら? と ビックリしていた。

本当に お嬢さんがいらっしゃる時には 
御母様も 元気アップして 会話が 
出来るし 食事もチャレンジして下さるから
嬉しいですね   
了解です!と答えて呉れた。  

先ずは口の中を食道を
湿らす方が飲み込み易いから トロミお茶から
スタートしませんか?

私は本当に真剣なので
介護士さんらにサジェストした。

ああ!そうですね
急ぎ過ぎて ごめんなさいと
皆さんが個々に私に誤った…
  
いえいえ
普通の人でも 水を一口飲んでから
お食事した方がスムーズですよ(笑)ね
現場を明るく おどけた顔をして  和ませた。

お嬢さんが 付いているから 大丈夫ですね!
皆さんから 母に声がけが………
 
母は にこりと 私に笑みを見せて呉れた。
 
一つ一つを 焦らずクリアして欲しい!!

私は両手を握りながら 祈りながら
 介護士さんが いよいよ
母の口に ソフト食を初めの一口
いれる様子を じっくり見つめた。

お嬢さん 何かお気づきの点が 有りましたら
遠慮なく おっしって下さいね と
年配の介護さんが呟いた。

ええ そうしますね。 
どうぞ 母を宜しくお願い致します。 
緊急病棟とは 介護士さんが
全て異なり 親顔ばかりなので

母の体調や様子を一日でも早く
把握して欲しいと願い
毎日 私が母の元に駆けつけて
日ごろの 母の色いろも 伝えてゆけう!
と 考えて  

私にも やらせて下さい
良いですか?と 母の直ぐ傍に近寄り
スプーンを下さいと申し出た。
 
あ、やられますか。
 はい 看て居ますからお願いしますねと
代わって呉れた。

母は私が はい 食べましょ
と笑顔で普段道理に接すると
うん  と頷き 安堵感を覚えてくれた。
 
流石 流石ですね!
介護士さんらは拍手して呉れた。  

母上 本当に頑張って呉れて
嬉しい 有難う有難うね。
体力つけなきゃね!
   
丁寧に一口ずつ
母にソフト食を口に運び 
目指せ一日800キロカロリーと  心で応援していた。






#点滴#ソフト食#介護日記#要介護5#経口#介護士さん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。