カテゴリー
介護

病病を振り返り ホームでの 母の暮らし 哀しみのルーティン



 


今 ホームでの母の姿
      顔つき

    ホームでの 一日 一日……

     ありきたりの哀しみの
      ルーティン………

    ヘルパーの 手抜き 
      素人の外人がヘルパーに!?

   振り返ると
     深く胸が傷み 

     今だに      涙の洪水の私。

   母は  私の病を案じて
    必死に   私は大丈夫よ と
     言わんばかりに

   悠然と構え
     私には 優しく
      母親の 温かい 愛を沢山くれて……

   更に  私は
     あの 気品 天才的な仕事ぶり

    姉妹への 愛 教育を
     思うと

  リアルに  母に
     申し訳なさ過ぎて

     死にたい気持ちに
      度々  駆られ

    陥る 私であったが

    唇を 噛み締め

   極力
     母に 会いにゆき

     私は 元気回復して来た❢わ!なく
     と 空元気でも

    明るく 笑顔で
     お茶目に 優しく

     母に接し

   ヘルパーには
     叱りつけ

     私が 介護の仕方

      実例を 見せたり

    話し方  接し方を 教えたり

    面会時間を 過ぎても

      母を残し 帰宅するのが
       泣きたい位に 辛く

     申し訳なく

   
     ホームの責任者には

      泊まる許可を 貰ったが

     他のスタッフからは
       特別扱いしている!!

     等   反対され
       儚くも  一日すら

     ホームで  母の部屋で

      一緒に 眠り
       朝を迎える事は

     不可能で あった。

    母は  私の身体を案じて

      何か 私に プレゼントがしたい

    御礼が したいのよ

      何が良いかしら?

     ハンドバッグ?

       指輪?   洋服かしら?

     と 尋ねた……

   
     私を 慟哭させる様な

     深い愛
       母の強く深い 親心に

     私は   心底

       母の為なら 
           自らの命は 惜しまない❣❣❣

     やはり  もっと 膠原病
       ヘルニアの 痛みを

      コントロールさせ

     必ず❢❢❢

     母を 我が家に 連れて帰ろう!!!

      と  神仏に 祈り
      
      心の中で
       自らに   誓った毎日であった。

     あの頃に 戻れたならば……

       今も  力足らずの私は

       より  深く 母を愛し

       強く強く   温かく
         幸せに 守りたい。

     親不孝な  馬鹿な私

      自らを 生涯

      許せは しない❢❢❢

ユーチュブジョンココチャンネルオリジナルグッズ販売中







     

#介護#膠原病#教育#ヘルパー#ルーティン#面会時間#神仏#母の愛#後悔#母からのプレゼント

作成者: marika7

皆さん☺️初めまして。
語学教師 塾講師 国際親善大使 着物モデル シンガー 作詞家 作曲 多種に及び 好奇心旺盛 誠実に真実一路の人生を歩んで来ました。

20代自ら誤診から難病に成ってしまいました。

病病介護 〰️長年の在宅介護から得た知識 現在の医療現場 制度 色々 感じ悩みながら 最愛なる母を昨年 亡くしたばかりの私…

性格は明朗快活 誠実
典型的?なB型 粘り強い!多趣味

皆さんと 一緒に介護とは?介護生活とは?
人生とは? 自分の人生を振り返りながら 私の経験 思いを 参考にして頂きながら 再び 学びたく ブログをスタートしました。

母の人生の軌跡は本当に尊敬に価いする素晴らしい物。

母は父が私が2歳の時に
心臓病で他界。母は姉妹を有名な工芸家、事業家として
一世風靡。

上皇后美智子さまがお越しいれの際に作品を所望され作品を提供。私も皇居にお呼ばれされて
母は父親役、母親役を立派に果たしてくれました。
姉は精神疾患…本当に苦労した母です。

豊かに愛育教育してくれて私には母が誇りです!

それが最期…悔しく辛いお別れ

をバネに介護カウンセラーー心理カウンセラーの資格を取得しました。母へのお詫びと償い…そして
同じ様な状態ー悩んで居る方のお力に成りたいです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。