カテゴリー
介護

誕生日を迎え思うこと




霜月…………    

晩秋〜に  この世に誕生した私。

    最愛なる母上様は   ○○年前に

  五体満足に  特別 

      産声が  大きな   〜 まるで   玉の様に  

キラキラした

        元気一杯な   男の子?みたいな   私を

      この世に   生んでくださった。

     父は    工芸作家として  日本伝統工芸展

出品作品創作に   取り掛かり 伊豆の山に

         人間国宝の 恩師達と  籠もっていた。

              分娩には

         間に合わず     

       母上様は      一人で

                   難産では   ありながら

            豊かなる心で     気高く   静かに

          私を      この世に 誕生させて くれた。

    

         

          父は 慌てて  帰郷……

              東京に戻り     K大付属病院では

              私を    お風呂に入れて   

                      私を

             あやす父の声が    病棟中に   朗々と

                      響き渡り

     産婦人科の院長からは

          熱心な    お父様ですね

             開闢以来 〜初めてですよ   

    と      母上様に       伝えて   目を細めたらしい。

          想像すると   本当に有り難く     

                 幸せな   娘である………。

    

              

        

母上様から    何回か  聞いた記憶があり

        誕生日を   迎える   度に

   母の 生存中は  母娘して  顔をみあわせ  

    笑顔になり

                 つい     吹いては  ?    幸せを懐かしみ

                  父らしいわね     と、    想いだしていた。  

     両親は   

            幼い 私を見ては  早くも    私の子供〜

             

つまり     孫の誕生を    心待ちに  していたらしい

    

   

    両親は    素晴らしいパートナーで在り

   多忙で 難関な   仕事に   命がけで   頂点へ

         登りつめて  行った。    

           

            この様に   偉大な   愛情深い父は   深く惜しまれ                    つつ………

              

               母の全身全霊の   介護も 虚しく

            

私が    2歳            姉が  4歳 の    時に

          心臓病で    天に召されてしまった。

                   

              嗚呼          いったい    何という

                      無念さ    辛さ         言葉を失う………。

           

               

             最愛なる    我が母上様は

                       父親役     母親役    そして

                  父の  類まれな才能   人柄   を   敬い

                          難関な   父の技を    引き続き

                   昭和を 代表する     工芸作家と成り

                    一斉風靡して       父の無念さを

                            父の 最大なる 喜びに替え

           更に    父が 唯一無二  尊敬   愛する

                        頼もしい    絶対的なる    パートナーに     

                 母上様は    成って居た。

                          

                              

      

                        幼い   私達    姉妹を    強い愛情で

       

                            包み込み    可愛がり

                   養育   愛育    豊かなる暮らし  

                     豊かなる  教育       習い事…………

                          とても     人間の  なせる業とは

                       

              思えぬ     偉大過ぎる      軌跡を

                   次女の    私に         命    

                天に召される迄            母上様は

                     見せて下さり

                

病病介護      〜    私が   難病  膠原病を   抱えながら                                                      

        敬愛    尊敬     

             心底からの    深い  尊敬    愛が   有れば

              在宅介護

                 最愛なる   母上様の    介護は

                      可能なのである❢❢❢

             そして…………

                    最愛なる    敬愛なる

                 母上様が   天に召されてから

        我が誕生日に     想い出すのは

                 在宅介護中に       私の誕生日を迎えた日に

          母上様は      介護ベッドから    少し

           身体を   懸命に起こしながら

                   私の為に

                    何十年間分の    

                 ハッピー バースデーソングを

                  繰り返し    繰り返し   繰り返し

                  手を叩きながら

                    私には   楽しそうに  明るく

                美しく     笑みを 浮かべながら

                       途中に   私に向かい    NICE     NICE

                     と     言いながら        歌って下さった。

           

内心    

その時      私は      母上様が

     お祝いしてくださる     私の誕生日は

           今日が   最期……………と

       物凄く   辛く     泣きたい気持ちでは

        あった 。

             けれど     

母上様の    気持ち   を    思うと

私も    懸命に    笑顔満面!!!

         嬉しさ    喜び    一杯で

        母上様の     顔を    ひたすら見つめ

                声を高らかに

            拍手も       母上様と  タイミングを

          合わせ      楽しく     合宿した。

            何と      偉大なる  母上様よ…………         

                   そこ迄        考えて      

             幾度も    歌い      祝福して下さり………

              

                

今年の誕生日も

           

           敬愛なる母上様が

                 私を    祝福してくださって居る。

              あの    神々しい   お姿

                     あの    母上様の   愛育こもった

                ハッピーバースデーソングが

         聴こえる。

                  今年は       有り難み      感謝一杯で

                      涙が      頬を   伝って居る。

                 

霜月…………    

晩秋〜に  この世に誕生した私。

    最愛なる母上様は   ○○年前に

  五体満足に  特別 

      産声が  大きな   〜 まるで   玉の様に  

キラキラした

        元気一杯な   男の子?みたいな   私を

      この世に   生んでくださった。

     父は    工芸作家として  日本伝統工芸展

出品作品創作に   取り掛かり 伊豆の山に

         人間国宝の 恩師達と  籠もっていた。

              分娩には

         間に合わず     

       母上様は      一人で

                   難産では   ありながら

            豊かなる心で     気高く   静かに

          私を      この世に 誕生させて くれた。

    

         

          父は 慌てて  帰郷……

              東京に戻り     K大付属病院では

              私を    お風呂に入れて   

                      私を

             あやす父の声が    病棟中に   朗々と

                      響き渡り

     産婦人科の院長からは

          熱心な    お父様ですね

             開闢以来 〜初めてですよ   

    と      母上様に       伝えて   目を細めたらしい。

          想像すると   本当に有り難く     

                 幸せな   娘である………。

    

              

        

母上様から    何回か  聞いた記憶があり

        誕生日を   迎える   度に

   母の 生存中は  母娘して  顔をみあわせ  

    笑顔になり

                 つい     吹いては  ?    幸せを懐かしみ

                  父らしいわね     と、    想いだしていた。  

     両親は   

            幼い 私を見ては  早くも    私の子供〜

             

つまり     孫の誕生を    心待ちに  していたらしい

    

   

    両親は    素晴らしいパートナーで在り

   多忙で 難関な   仕事に   命がけで   頂点へ

         登りつめて  行った。    

           

            この様に   偉大な   愛情深い父は   深く惜しまれ                    つつ………

              

               母の全身全霊の   介護も 虚しく

            

私が    2歳            姉が  4歳 の    時に

          心臓病で    天に召されてしまった。

                   

              嗚呼          いったい    何という

                      無念さ    辛さ         言葉を失う………。

           

               

             最愛なる    我が母上様は

                       父親役     母親役    そして

                  父の  類まれな才能   人柄   を   敬い

                          難関な   父の技を    引き続き

                   昭和を 代表する     工芸作家と成り

                    一斉風靡して       父の無念さを

                            父の 最大なる 喜びに替え

           更に    父が 唯一無二  尊敬   愛する

                        頼もしい    絶対的なる    パートナーに     

                 母上様は    成って居た。

                          

                              

      

                        幼い   私達    姉妹を    強い愛情で

       

                            包み込み    可愛がり

                   養育   愛育    豊かなる暮らし  

                     豊かなる  教育       習い事…………

                          とても     人間の  なせる業とは

                       

              思えぬ     偉大過ぎる      軌跡を

                   次女の    私に         命    

                天に召される迄            母上様は

                     見せて下さり

                

病病介護      〜    私が   難病  膠原病を   抱えながら                                                      

        敬愛    尊敬     

             心底からの    深い  尊敬    愛が   有れば

              在宅介護

                 最愛なる   母上様の    介護は

                      可能なのである❢❢❢

             そして…………

                    最愛なる    敬愛なる

                 母上様が   天に召されてから

        我が誕生日に     想い出すのは

                 在宅介護中に       私の誕生日を迎えた日に

          母上様は      介護ベッドから    少し

           身体を   懸命に起こしながら

                   私の為に

                    何十年間分の    

                 ハッピー バースデーソングを

                  繰り返し    繰り返し   繰り返し

                  手を叩きながら

                    私には   楽しそうに  明るく

                美しく     笑みを 浮かべながら

                       途中に   私に向かい    NICE     NICE

                     と     言いながら        歌って下さった。

           

内心    

その時      私は      母上様が

     お祝いしてくださる     私の誕生日は

           今日が   最期……………と

       物凄く   辛く     泣きたい気持ちでは

        あった 。

             けれど     

母上様の    気持ち   を    思うと

私も    懸命に    笑顔満面!!!

         嬉しさ    喜び    一杯で

        母上様の     顔を    ひたすら見つめ

                声を高らかに

            拍手も       母上様と  タイミングを

          合わせ      楽しく     合宿した。

            何と      偉大なる  母上様よ…………         

                   そこ迄        考えて      

             幾度も    歌い      祝福して下さり………





              

                

今年の誕生日も

           

           敬愛なる母上様が

                 私を    祝福してくださって居る。

              あの    神々しい   お姿

                     あの    母上様の   愛育こもった

                ハッピーバースデーソングが

         聴こえる。

                  今年は       有り難み      感謝一杯で

                      涙が      頬を   伝って居る。

カテゴリー
介護 闘病

霜月に入り 晩秋 。 私の 誕生月に思う あれこれ.




あれほど   長い酷暑  に   コロナ第7波!!

炎天下に   発熱外来に並ぶ患者さんの 長い列……

そして 様々な  出来事が  国内外で起きた  今夏❢
目まぐるしい 現実。

マスク二重に サングラス    帽子   日傘
    ペットボトル

よくぞ   熱中症で ダウンしなかった……

私は〜
やはり   守られて居る。

感謝を   心で祈る  毎日だ。

コロナを防ぎ   膠原病へ災いする 日光を避けて
通院  検査に          必死に     多科に渡り
通院した    夏が……

賑やかな蝉の合唱が ふと止み   
 秋虫の輪唱に
   癒やされ   励まされていたら      早くも

霜月がスタート❢❢  

毎日   両親に 深い
祈り  
       花々 と    お供えを  捧げながら

必ず   奇跡は起こる❢❢❢

      必ず     敬愛なる  両親が

     奇跡的に私を
  
早期寛解へ    誘って下さる……

そう     楽観的に 明るく   日常生活   闘病に ファイトし
     
オンラインでの仕事 中心に
    履歴書  を   送り

    
    何年ぶりか……に
        大学卒業証書まで   取り寄せ〜〜

       オンライン面接
            オンライン試験
               オンライン研修に

      奮闘していた私である
       

      しかしながら   通院も  必死の日も度々ある

           現実。

              自ら    叱咤激励!!しても

      ベッドにダウンした 日が   出現〜増えてしまった

が……   

私の脳裏を  毎日過る
         頼もしく    力強く

    私の頑張れる  最大 最強なる
           パワー源❢❢❢

繰り返すようだが……そう!

      最愛なる   世界一  敬愛なる   我が
                     母上様の人生の軌跡   立派過ぎる。。。

    

  終末期に 於いても
            前向きで      軸をぶらす事なく

         強い  意思と       
                  愛娘の私を   愛し   守り 信頼してくださり…

          苦しい
             辛い     の一言も言わず      顔も しかめずに

              思い返すと     涙が溢れ出る程に  素晴らしい。

       お弟子さん    親族
                    仕事関係者     友人らの皆様を
                  懐かしみ     思い遣り……

            私と二人三脚での
                           在宅介護奮闘中

  入院先では    医師や 医療スタッフの皆様に

車椅子       ベッド上
         寝たきりに 成っても………

     酸素の管が外せなく成っても

              品格   礼節さ    慈悲深さ
               美しさ         を

         最期の   瞬間迄          輝かせて居た。

           その     母上様の   姿勢   姿
                    マリア様の様な   煌めく笑顔
                       美しさ     オーラを
             リアルに想い出す。

             それに比べ?
               私は        まだまだ  
                                       まだまだ      

                人間的に   高みを 目指さねば
         
         ならぬ責務が   在る。    

膠原病に付き物…💦……
眼科疾患 に  加えて   
      皮膚疾患  が  ○○年ぶりに   現れてしまい

       プラスして    眼科    皮膚科でも
               続けて     診察  お薬が 必要

     夏に  失った体力?    栄養素?    血液?

         毎日の   楽天主義?

       ポジティブながら

          必死の  大奮闘〜が    いけなかったのか…?

   
        闘病中でも   
        現実に   社会に 生き
暮らしていると

        いろんな事が起こり〜   勃発❢

     家庭内     仕事でも

     ストレス下に     知らず知らずに
                身を 置いている。

秋に成れば         もっと    もっと!!     回復へと

       信じて❢〜

        お散歩   
                    用足し     

  
              荷物を 持つ

              ピアノを弾く

              ハンドメイド     と

     自ら   リハビリに   マイペースで励んで居たものの…





        

                

        
           正直             情けない〜

                 諦めの境地    覚悟

               ある種の    悲壮感?に     陥った日もある。

              が

              私には

                  まだまだ     成し得て無い事柄が沢山ある。

                   目標    夢を
                     掲げて     生きてきて       納得 達成

                       出来てない 事が  沢山ある。

               まだまだ

                 このままでは         死ぬに死ねない!!

                 私には    どうしても❢
                       果たしたい    強い願望がある。

                    最愛なる    母上様に

             魂の奥底から    安心して欲しい………。

               私が      健康に 戻り

                  健やかに   アクティブに
                             幸せな 笑顔で

                   本来の私らしさ     私のステータスで❣

              張り切って       仕事に    取り組む姿を

                  天国   極楽浄土から  
                           尊敬する 父上や祖父母と 

       
                      笑顔で        見て欲しいのである。

                   何度も    言う………

                       それが     此れから

            私が       母上様に    出来る    
                               恩返し       親孝行

           
                     そして    私の使命であり

                        両親への     永久   普遍の

     私からの       愛      感謝で ある。

                  気持ちも    新たに      

                     精進してゆく❢❢❢




#闘病

カテゴリー
介護

猛暑を越えて〜 気持ちが凛とする❣ 神無月に 想う




まだ  残暑が残るものの

      夜風は   爽やかな秋を感じる

   今日この頃。

神無月………   幼き頃は   何故? 神様が
いらっしゃらなくなるの……  ?
  深い意味も知らずに
少し  怖い気持ちになり

     10月は    もっと良い子に成ろう❣

     もっと  親孝行をしないと。お手伝いを沢山しないと。
          もっと  もっと  勉強しよう。もっと 
友達に  親切にしよう!!     

      いろいろな  目標を   立て  不言実行に
        励んで居た  私。

      今の私は
        コオロギが鳴き始めた頃から
        沢山の目標を  心の中で 密かに掲げて来た……

   膠原病合併〜   にて
        様々な   科に渡り
   検査   治療している   私では あるが

    目標は   欲張り透きか?〜(笑)

先ずは    第一に〜
仕事に  もっと もっと全力投球❣したい。

      やってみたい 新しい趣味❣にチャレンジ!

       旅してみたい  スポット❣へ     一人旅。

       会いたい友人       再会したい恩人❣
            の    顔が   大勢      浮かんで   来る。

ワクワクして
  毎日    脳裏を回転している。

    実際に    パソコンで     調べ事をしたり

         病院の医師に  大丈夫であるか?
            相談して居た。

秋に成れば必ず
         よりよい状態に〜入り

      ステロイドや  免疫抑制剤等の   量も減り

     関節炎   や   様々な   症状が
        下火に成り      いずれは  寛解へ!!

    大人に成ってから
一番好きな   この時節には

       沢山の   希望が    叶うが!!

       ひたすら    信じて

        免疫力    気力を   あげながら
            毎日   奮闘      努力してきたはずが…。

     何と     
猛暑疲れか?……
      多科に    渡る    今夏の 通院疲労の為か?

      季節の   変わり目ゆえなのか…

        
     最近は      ずっと   関節炎は酷くなり

          怠さ   
発熱で〜     ベッドの住人に。

       そして

      何と
予定の通院日には        幾ら

      気力を  出そう…   
         痛みを  堪え     ファイト!!

          頑張れ    我よ〜と     
己に   カツ❢❢    を    入れても

      起きれず    

              予約を入れ替えて

       ダウンして居た…

        神無月

             本当に〜神無月!?   当に?

            今日も    長い時間

                両親に   お祈りと共に

        お願い事を   沢山  
している。

         神無月には
                   神様    仏様

             きちんと❢いらっしゃる。

         自らの   身体を信じて    自信 を抱き

               秋の花を 
愛し     心に  潤いと    余裕を抱いて

       毎日を      最愛なる   母上様と  二人三脚で
              生きた     宝の日々

           時間を          私の心とパワーの糧に

        必ず      素晴らしい

               有意義な   深まりゆく   秋を満喫しよう。

          有言実行    させる。

        
      それが   私の   願いであり   目標

            同時に〜     最愛なる   母上様への
                   秋のお彼岸

                両親への    恩返し

                  一番の   親孝行であるはず。

     
           また

       ワクワクして来た。

           ワクワク〜〜〜

ポジティブ  シンキング

      未だに    健在

               最愛なる  母上様!!    父上様

          頑張ります〜

                見て居てくださいませ❢❢

                                
                  天国の  両親に
       毎日   愛され

       毎日    強く守られ

     背中を 押して貰える      幸せに

            深い感謝を

     そして

         この世を  私達     姉妹と     亡き父上様の為に

      社会へ 貢献する為に
        勇敢に〜     懸命に   偉大に  麗しく生きた

            敬愛なる  我が母上様が

            天に召されて……から
       
             我が家に     やっと やっと 退院 帰宅されて
  

         穏やかで     美しく気高い     
                           薔薇色   の お顔で

               ベッドに横になり

              
             慈悲深く    優しい微笑みを

            私に    見せて   下さった    光景が   ふと……
     
                 浮かび

               温かな神秘さ と
     
                   凛とした気持ちに     成れた。

             神無月

                私も     少しは

             成長    
進歩      出来て居るので   在ろうか……。           




カテゴリー
介護

秋分の日 秋の深まりに 物思いにふける……愛娘の我




あの様に

    熱く 暑く     肌を焼き付ける太陽が

今は……     季節が  移ろい    優しく  温かく
     身体と心を     癒やし   包み込んで呉れる。

嗚呼     幸せな季節の到来。

     膠原病合併闘病中……

台風一過
  
秋雨〜〜

        秋の深まりに    強烈な痛みが  私を襲う。

      

      
          

本来 
秋は  一番大好きな季節。  

待ちに待っていた
秋の到来。
   

よくぞ  あの猛暑を 乗り越えられた私。

     自画自賛??

いや     

心底    両親に感謝。

応援📣して下さる皆様に  感謝。

医師に
感謝である。

 検査  通院……多科に渡る  疲弊。  
           難病〜〜〜    本当に    

慢性 かつ  進行性疾患。 

怖ろしく   油断    無理は禁物❣❣

 秋には〜
学び   仕事   
芸術      旅………      
        ゆっくり    胸に最愛なる母上様を抱きながら

          強く❣   踏み出したい事が  盛り沢山の はずが……

今秋の  連休は

いきなり
涼しく   雨が 多く     

         お墓参りにも  行かれぬ。

猛夏と  病と   コロナ蔓延中 第7波の   今夏!!

勇敢に
奮闘出来たのは……

必死に  両親に お祈りをしながら
         秋には   目標を スタートさせる

大きな   歓喜を   感じる事が出来る❣❣❣

と     自らに   日々   叱咤激励して来た
毎日の積み重ね

が あったからこそ。

 この 全身
痛む 身体から抜け出せたなら??

膠原病が
再燃   アクティブ〜すると 
若い頃から、ついつい  ふと!!思いに耽る。

悲観するより

この年齢に成ると
      アクティブに  動きたく

焦り  ❣ ❣ を   どうしても
感じてしまう。

 病には  焦燥感は禁忌!!

真夜中    ずっと 音楽を朝まで  小さめな音で
流し続け…    
 痛みで    気が滅入らぬ様に
 免疫力アップさする為に❣❣

両親に   朝方も

 お祈りをしたり    お供えの花に 水やりをしたり
      仕事の構想を練ったり

頭の中で   クリエイティブしてみたり……

   朝まで 寝れぬ日は   今夏は  多かった。

今は…         気持ちは 大丈夫!!

     両親に  沢山の 花ばな    お香
    
       フルーツ     和菓子        スイーツを

お供えして    

       ベッドから 頭を起こし    見上げると

        最愛なる母上様   父上様の  笑みが

   私を   深く愛し    守ってくださって居る。

     どんな時でも

 私は    一人ではない……

秋虫の可憐な 美しい     輪唱を
聴いて居ると

    穏やかな心が  蘇る。

    焦りは   薄れ……ゆき

      中秋の名月 が脳裏を過る。

 最愛なる母上様が       昔   むかし……

      幼き日の私の手を 優しく握り締めながら

       お月様の中では

  ウサギさんが      一生懸命に
お餅つきをして居るのよ……と

        温かな美しい  オーラが眩しい笑顔で
          
私の瞳の奥深くを     愛おしそうに
見つめながら

     ほら……
          見えるわね 

        と         しゃがみ込み

     私の身体を   そ~っと 抱きしめながら
          
             満月🌕    を     二人して

          見上げ    長く   佇んで居る光景を

      しっかりと     彷彿し

     母上様の愛に       暖かな鳳凰の   翼に     

            豊かに
        
                  包まれて居るのだから。

         私は      不幸ではない……

            難病を   背負って居ても。

      しみじみ

     秋の夜に    思う。

             両親に  愛され   幸せな  愛娘で在る。

         ゆっくり   安心して   眠ろう……

         又        夢の中で………。




カテゴリー
看取り 膠原病

東京菩提寺へ 母上様の御命日法要 No3




いつもより      8月の   陽射し   熱風を 強く感じ

    暑さに  一瞬クラクラ してしまった私は

最愛なる母上様に

       眩しい  空を仰ぎ ながら    今から向かいますね❢❢

待っていて下さいませ❢

そして

  体調を  お守り下さいませ……と    

       両親に   出来るだけの  笑顔を

サングラスを はめた 瞳で 見上げ

久々に     菩提寺で  ゆっくり  会える喜びの

ワクワク感        ドキドキ❢Gmail で送る

    胸がトキメク  気持ちに      気持ちは  早る。

手には  しっかり  大切な

お数珠を

握りしめ 時には  優しく 擦り    …… 

ハイヤーの中は

涼しく    有り難く助かる……

     

赤信号では   水分補給する。

点眼薬も  大めに さす。

懐かしい    母上様との

愛情深い

想い出に浸り      車窓から 懐かしい風景

道順   そして        夏雲   

ギラつく  太陽を      写メに  収めてゆく………

泣きたい様な     笑いたい様な

不思議な気持ちが 交差する。

今日と  言う日は     二度と戻らない❢

しっかり

元気よく   愛娘の私は   施主として

 凛と   努めを 果たそう…

繰り返し     自らに    言い聞かせながら

前を  見据えた。

喪服でなく   ごめんなさい(_ _;)

改めて   

情けない気持ちもある。

そうこう する間に    菩提寺の  緑が

見えて来る

 やって 参りました〜〜〜

思わず  

手を振り上げて    両親に  挨拶をした。

車からゆっくり 降りると

更に   胸は高鳴り      蝉の大合唱に

感動し          深い深呼吸を 繰り返すと

滝の様な  汗が   体から溢れ出る。

やはり   体調は良くない……

母上様の    告別式     納骨式

      一周機   三回忌

私は    こんな体で 無かった………

ふと   瞬間

悔しさ  不安に  迷い込む   が……

力強く 一歩 一歩 御住職様の元へ

ご挨拶に    歩き出す。

いらっしゃい〜〜〜と

母上様の      化身❢❢❢

素晴らしい 大きく  気高く 可憐な

揚羽蝶が 私の周りを 繰り返し

私を包む様に羽ばたき            出迎えてくれる。

有り難い……    

本当に

来られて良かった\(^o^)/

御住職様には     私は 満面の笑みで

お便り  お布施     暑中見舞い   その他………

丁寧に お話をしながら       確実に   お渡し出来た。

沢山の  お花達

  両親へのお塔婆

 お線香              

お掃除道具を      必死に    大切に抱えながら

階段を        ゆっくり踏みしめ

先ずは  お墓参り❢❢❢

ご命日供養の   ご供養

御住職様   の     母上様への   お経は

ご本堂にて。

 境内に  足を踏み入れると

向日葵   秋の花々    立派な 大樹に

囲まれ       一層       蝉の大合唱 が   クライマックスへ。

やって   来れました❢❢❢

最愛なる  敬愛なる

           我が 宝で在られる 母上様に

    私は    早足……に 駆け寄り

          墓石にふんわり     両手を 精一杯広げ

生まれて  初めて

     抱きしめ       包容した。

     とにかく   愛おしく      気高い    母上様の  温かさ

             笑顔に    触れられて      感極まり……

再び      揚羽蝶    沢山の蝶々が

       何故か    私の周りばかり

           優しく     美しく飛び回り

      歓待して  守って   くれて居る。

        こういった   出来事も

                 父上様  の 法要  

                     お参りで   二度程の経験しかなく

        真摯なる気持ちで

               至福で   有り難く   

  滝の様な

                  汗や     痛み    不調も     忘れ去った。

          熱心に

                祈り        胸中では

          母上様と     私の魂………

                ハートto   ハートで

       

              沢山のお喋り  愛情の   再確認が     出来た。

        ご先祖     両親に

              私から   般若心経を  

           華やかに

                  美しくなった      お墓の前で

               読経 を   させて頂いた。

              可愛いらしい   

                    

子供の カマキリが    

私を  見ている………

                    お墓の 墓石 ど真ん中で     ピタリ  動かずに

                    繰り返し      私の顔を    見ている。

                瞬時に

       可愛らしい!!!

               オチャメな    部分を 持っていた

                         愛くるしい     母上様の   笑顔と

     

                     私には     見えた………

                私にしか     分からない

              他の 方には    気づかない

          母上様から    私への   有り難う……

                  よく  頑張ってくれて

               

              身体には  本当に気を付けてなさいね……

            ずっと   ずっと     守って居るから

                     大丈夫よ。

               嬉しかったわ

                     楽しい時間 だったわね!

         

       その様な優しく  温かな

            有り難い         母上様の   言葉が

              胸に    飛び込み

             私は          幾度も      幾度も0.

    お辞儀を   しながら

                手をあわせ

      母上様は

       今現在

              極楽浄土にて

         徳の高い       素晴らしい    立派な 仏様に

         成られて  いらっしゃる。

                父と   しっかり  手を繋ぎながら

                    輝きを放つ

             素晴らしく  偉大で    お幸せな

              菩薩様に      仏様に    成られていらっしゃる。

           そう   胸の奥底から

               こみ上げてくる

              確実に   私は

   感無量。

      

           良かった…   良かった。

             流石に    母上様です…… 

                    私がつけた      母上様の が戒名を

               幾度も  繰り返し  繰り返し

        心の中で         呼んでは

           大きな 歓喜に  我が身は包まれ

  母上様の

    光  輝く   等身大の 慈しみ深い  

           素晴らしい   笑顔に  出会えた…

       本当に 

            私の 宝

  憧れ   敬愛なる

            両親の愛娘に  生んで貰えて 

        世界一の   幸せな娘です

           そう         声を出しながら

       お伝えした。     

         今夏

          最大なる    至福の時。

    必ず  又

 参ります。

          より   毎日を    大切に

           豊かに   暮らします。

         

    幸せな      私です

                     幸せ  喜びを      噛み締めて

               母上様に 

約束を して

          本堂へ 向かった。




カテゴリー
介護

東京菩提寺へ 母上様の御命日法要 №2




精神疾患の 姉を持つ私は……

    こうゆう時には

      本当に

  姉が しっかりした 長女で

居てくれていたなら……

深く 考えてしまう

病病介護を している

      長い歳月……

   そうして

    最愛なる 母上様の 余命宣告……を

            一人で いきなり 聞かされた時。

        医師達との カンファレンス………

         

   繰り返し 繰り返しのカンファレンスで

            他に 姉妹 ご親戚は??と………

     

        医師から 言われた際には

            私が 最も   

母の状態を     

一番 詳しく 把握している!!

怒り 〜

        プンプン   

       情けなさ

      やるせなさ を 感じながらも

      他に 親戚を 呼んでも 意味は無い

              と告げた。

       

時間は 予定より

      刻々と 過ぎてゆく。

      今迄

            一人で 母上様を 守り

                   私が 母上様に とって

最善の策を

     その場 その場に 合わせて

        徹夜で 試行錯誤して

           悩みに 悩み抜きながら

私は 何とか

        対応して 答えを出して来た……

其れが 結果的に

         私の決断や 母上様の強い願い 希望が

 医師の

      杜撰さで      いい加減な判断で

           ぶち壊された。

        何て   事で   あろうか………

     私は       死んでも

                死に切れぬ     

                                 怒り

         

           母上様に    

申し訳なくて        

申し訳なくて

      嗚呼

無情           

母上様は       

         結果論

力不足の 情けない

        娘達……

   

本当に  

情けない愛娘………

怒ったり 哀しみを

覚える どころか

       天に 召される瞬間まで

   全身全霊 力を 振り絞り

          魂の力を 奮い立たせて

      姉妹の幸せ

       健やかであること……

       経済的に 豊かに 安泰に……

亡くなる 瞬間迄❢❢

      

        私が 母上様の 元に

     掛け付ける迄………

意識は 無くとも

       血圧は 少し……     

待って居て下さったのだ。。。

だからこそ

               私は行く

         最愛なる母上様の              ご命日法要へ!!!!

        

         例え!?!

      途中で 倒れても

      遅刻してしまっては 居るものの

    必ず 私は 必ず

   参ります。

母上様 待って居て下さいませ。

      心配掛けて ごめんなさい……

父上様     

ご先祖様         仏様方        私に 力をくださいませ。

      

   

    私は        

          準備していた  喪服ではなく

              施主ながら     仕方ない……

         と      深く反省し

       

涼しく    身体に負荷のない様に洋服に   着替えた。

せめて   

新品の服を着た。

       服用する   沢山の薬を     一気に   ガブ飲みし

             皮膚疾患    

眼疾患

のケアー    を済ませ

ハイヤーを     呼んだ。




カテゴリー
看取り

東京菩提寺へ 母上様の御命日法要 №1




私は  相変わらずに

 膠原病合併闘病中の身体である。

世間は お盆休みでも……

         酷暑    豪雨の中

自らを叱咤激励しながら      検査 通院

  そして 前向きに  闘病に努めて来た。

    同時に   私が   最も敬愛する

                    母上様の

          人生を想い……

大切な

       終末期     での

            

麗しき 顔だち      

        穏やかで     軸をぶらさずに  

             らしさを…欠かす事なく

                  果敢に

       果敢に 闘う       小さくなった母上様の姿……

    一挙手一投足を

  振り返りながら

母上様の 此の    大事な   ご命日法要

この日の為に!!

私は    より良い状態で

         迎えたく     

            自ら     毎日の闘病の   努力を

       大切に積み重ねて  来た。

ご命日………   しみじみ

       今    改めて  感じる事は

  そろそろ    母上様は   自身の人生は

        もうそろそろ  ………   終わるので在ろう……と

  深く 理解し    悟り

     覚悟を 心に抱きながらも

おおらかに  明るく   振る舞い

  愛娘の私を   悲しませぬ様に………と

状態の 良い時間帯には

      眠りから覚めると

私の顔を      満面に笑みを浮かべ見上げながら

         明るく  とっても……  嬉しそうに

       優しく   強く     私の手を握り締め

母上様と   愛娘の    愛唱歌を

幸せそうに    

出来るだけ   大きな声で

丁寧に     声を込めて

歌い出し

  私も     共に歌い

         至福の利を   刻んでくれた。

  看護士さんの    担当が

変わる日には          懸命に起き上がろ!!と

      頑張り       母上様は     丁寧に

しっかりと    満面の笑みで

        挨拶を交わしていた………

お見舞いの 方

        お弟子さんには

         心優しく   包容力と オーラさえ

垣間見える       愛おしむ 接し方を      して居たのだ。

こういった

    母上様を     世界中の誰よりも

     慈しみ     愛し  理解して   命を掛けて

尊敬   感謝して居る私は

どんなに    具合が

悪くども

    

  途中で  

倒れようとも

     ご命日法要に

   行かないわけには    ゆかぬ………

行かない選択肢は    有り得ぬ事。

施主で在り

     両親の墓守で在る私。

脳裏には………

来年の 今日

    より  状態が悪化して居たら???

          入院して居たら??……

不安も    リアルに    

       フツフツ  湧き上がる。

母上様の   マリア様の様な

   一挙手一投足を  想いながら

オーラで  煌めく

       遺影の母上様を   見ながら

私は

大丈夫

ゆっくり 起き上がり

ベッドに 座る。

時間は 予定より

       遅れて居る………

心臓 脈が早まるが

焦りは禁物

ゆっくり 大きなお薬ポーチから

    沢山の 内服薬

  いくつかの 点眼薬

そして 皮膚疾患の ステロイド軟膏等を

ベッドサイドテーブルに

並べてゆく。




カテゴリー
看取り

東京のお盆 病病介護の日々を彷彿する………




 やはり     私は 

 再燃 ……複雑化した膠原病闘病中💦だとはいえ

          しっかり    リアルに❣❣❣

今でも
             
私が  命   消える瞬間迄     

          納得出来ぬ。

これだけは        絶対に 許せぬ………

      不可思議過ぎるのである。

いつかは

忍び寄って来る

     我が最愛なる母上様     と  私が

            描いていた       最期のお別れ。

 お別れの仕方 
          
お別れの場所……  

      

我が家での
最期の       お世話    
介護       

我が家での       母上様を私が
お見とる形と        

 あまりにも        残酷過ぎる

      お別れ       であった……。

予想すら    全くしなかった場所   、病院

     シチュエーションで     母上様と の   突然!!の

         現世世での    別離……。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。