カテゴリー
介護 余命 在宅医療

病病介護を振り返り〜 母を亡くし半年の私の脳裏に浮遊する現実!!

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


皆様おはようございます

病病介護を振り返り〜を綴って居ります介護心理士カウンセラーmarika75555 です
最愛なる唯一無二の母親を孤独で本当に無念なお別れ

天国へと見送り半年がたった今
私の脳裏に浮遊する事は患者の担当医との出会いとは?
人生の中で大切な帳を下ろすまでの関わり方
介護士諸々スタッフを含めて〜

必然であるか?偶然か?きちんと会議された結果のご縁なのか?オートメーション化された行きずりなのか!

終末期医療現場に謎を感じて居ります。 

皆様 大切な ご家族を守るために
どうか 医師との話し合いを躊躇わずに 些細な不安心配な
事柄に付いても 納得ゆく迄 お話なされて下さいませ。

素晴らしい医師とのご縁を願って居ります!

季節の変わり目は ご存知の様に体調を崩し易いです。
大切に介護に明るく 頑張って参りましょう!!






カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 念願の新年‼️母のお誕生日

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎



いよいよ 新年 母のお誕生日の日。
まだ 暗い時間から 私は母の体調を測定して
母も 目覚めて居た。

今日は 新年よ~ 母上のお誕生日なのよ!!
本当に 良く頑張って呉れて有り難うね
体調は どう?
まだ 少し微熱は あるものの 脇の下のアイスノンを 外しての体温は まずまず。

身体の深部の熱も取れて 私は本当に嬉しく 朝5時から 朝食支度や ヘルパーさん 介護士さんらに
お手紙を 書いたり 母に大きな文字で
お誕生日カードを書いたり ドライアイの目薬を 両目に沢山 さして。

私は膠原病とベーチェット病の 日本で一つの症例らしく 東大病院では 論文を書いても良いかと 若い頃 病名を告げられ 同意を求められた経緯がある。
左目は 失明寸前に近く 母は特別室に入院させて呉れた………

他の大学病院でも 下の他の医師は驚き 入院手続きを と 言うものの 目がヨボヨボの 眼科の大家と謳われる教授が 異常なし と 驚く事を呟くと 目の疾患は ないものになる………
そのままだと 失明して居たが 自宅に帰る途中
私は地元の眼科クリックで 目の疾患を 直ぐに見つけて貰え その場で 何種類の点眼薬 クリーム目薬を両目にされた。

母が知り合い 東大病院の医師に会いに行って呉れて 翌日 至急 入院となり 今こうして
両目共に 近視では あるけれど 見えている。
こうゆう 経緯も あり 本当に 母と我が家で
新年 と お誕生日を 迎え 祝う事が出きるのは
様ざまな 困難 奇跡の連鎖。
有り難い

母も ワクワクしているのか 起きてみようかしら?等 身体を動かして居るのが オムツを換えたり 部屋の空気入れ換え 掃除があるので
少し 待って居てね と お茶に トロミをつけて
先ずは ベッドを80度お越し 枕 バスタオルで
頭を支え 口腔ケアーしてから 小さなケアースプーンで 食べてもらった。

さぁ 今日は 晴れて 素晴らしい元旦だ。
1日中頑張ろう・・
空気も凛と済み渡る。寒いけれど気持ち良い。

母は ふと姉の名を口にした。
何時も なかなか 口にしないが やはり心配なのか。私の胸に刺さった……
姉は
統合性失調症で 入院中だ。

暮れには 母の傍に介護士さんらが居る間に
姉へ
手紙や 差し入れのお正月に着る新しい服やバック 下着類 お小遣いを段ボールで 送ったばかりだ。

姉は 私が 母の病や 様々なオペ 入院を告げても
自分の言いたい事ばかりを 電話や手紙で相談して 母の具合を質問さえしない長い年月。
具合が 良くなり 退院しても あるだけのお金を、バンバンと 派手に使って父や 母にと
お供えや お見舞いを 手紙を 書いて来た事もない。
まして 母の終末期の 私の相談相手等に
なった事がない………

しかし 母はやはり 心の中で姉を案じて居たのだ……… 私も 母の最期のお誕生日になるならと
姉の存在が 脳裏を過り 年末に 手紙を
書いていた。
私としては 姉が 具合の良い時に せめて
母へ親孝行として お見舞いやお花 父へもお菓子やお線香ぐらい 何故? 寄越さないのか
幾ら 病でも 母が不憫過ぎると イライラする
事 怒る気持ちは 心の奥底に あった。

私は次女。 2才で 父が病で亡くなり
顔 声すら 覚えていない。姉は 父っ子で
何時も 父の話ばかりを 口にしていた。

でも 本当に今日は 最高に おめでたい佳き新年
複雑な 思いを 吹き飛ばし 父のお仏壇に
お正月のお供えや 花等 飾り お祈りをした。

段々 明るくなり 私は 母の好きな♪新世界♪や 新春らしい 音楽を流しながら 母の 朝食 お薬 ケアーを いつもより 丁寧に 精一杯の明るいアクションも 取り入れ 母を 笑わしながら
時間が おしい気持ちで 急いだ。

ピンポン♪ チャイムが なり
明けましておめでとうございます~と
若い男性のヘルパーさんが 元気に やって来た。

私も 珍しく 付きっきりでヘルパーさん 母に無断口を 聞いたり 皆で 笑ったり。
お母様 顔色良くなりましたね!
本当に おめでとうございますと ヘルパーさんが母と私に 嬉しい笑顔で 言って呉れた。
辛い表情の母を 見てきたから~
ヘルパーさんと母につなぎ寝間着の上に新しいベストや
カーディガンを着せ替えまた。春が
やって来た様に明るく母もお部屋も華やいだ。

母の痰は まだ あるものの 炎症反応CRPも
下がり 本当に良かった
嬉しくて沢山撮影をした。

お昼にはケアマネ介護士さんに診察や
巻き爪の足の爪切り等も丁寧にして貰った。
痰の吸引も
ゆっくり!しっかり介護士さんが
やって呉れた。 やはり吸引は辛い
母は我慢強く頑張り
咳をしながら 有り難うございますと
声も出る状態に戻って来た。

昼食は 遅れたけれど じょうずに 食べて呉れたので 本当に嬉しく 私は 気づいたら 何も食べずに3時近くになっていた。

ケアマネ介護士さんらに お誕生日おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆と
晴れやかな元気な声で言って頂けて
母は美しい笑顔満面の表情を 見せて呉れた。
母は私の顔を見て 頷きながら 有り難うね…と
又愛情深い気配りを 呉れた。
人生で本当に一番幸せな元旦だ。

大分 母の顔色がよく
私は うっすら母にパウダーをはたいて リップを塗り 可愛い綺麗ね 気高くて 美しい母上よ( ^-^)ノ∠※。.:*:・’と
母に鏡を渡して ほら!見える?
ベストも似合うでしょ!
母が 可愛い 有り難うね…
少し休みなさいと 私を労って呉れた。
このまま 永遠に 時間よ 止まれ
私は母に抱きつきながら
10分位 心の中で 必ず 長生きして幸せに成ってね! 皆 母上のお陰よ。
幸せに暮らしまょ を 繰り返した。

おやつを 母のターンテーブルに
私の分も置いて 向き合いながら 少しお喋りしながら 楽しい思い出話に二人して笑った。

ピンポン♪ 夕方のヘルパーさんが来訪。
母は 沢山の 人が 来るので ビックリした表情。
私は 皆 母上を心配しながら 新年だから 会いに来て呉れるのよ と説明。母は、ニッコリ。内心はくたびれているのでは?
やはり心配しながら

その間 キッチン リビングを私は往復して お祝いと 夕食 お薬の準備をしていた。

いよいよ
皆が帰り 母の骨折している腰を庇いながら
車椅子に移乗させて ゆっくりリビングへ。
母は嬉しそうに 壁や リビングの飾り付けに手を伸ばして 私に沢山の笑みを 贈ってくれた。
最高のプレゼントを有り難うね
私は嬉しくて 子供みたいに
ハッピーバースデーを 何度も歌い 拍手を しつづけた。 母も 一緒に歌い 手を叩いて呉れた。

部屋を見回し やはり 私が居る 家が一番よと
母は 染々 口にして呉れた。
本当に 私の不手際で 母に辛い思いを沢山させてしまい 心の中では 泣き出して居たが……
母上 お誕生日おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆
皆 母上のお陰です。
本当に母上の娘で世界一幸せです。
ずっと よろしくお願いしますと
母に挨拶をして ケーキに蝋燭を立て 母と二人で 笑顔を交わしながら ふーっ ふーっ ふーっと 消して 私は 母を後ろから抱きしめ
有り難うねを 繰り返した。

私の頭の中には 母の苦労 人生の軌跡
偉大さ
娘達へ深い愛情 幾多の病を晩年から二人三脚での在宅介護で 治療してきた長い年月
私の不手際で母を転倒 骨折させてしまってからの 日々 母の頑張り 表情 色々なシーンが回り巡り 胸は熱く 本当に カーディガンを脱いで居た。

こんなに幸せそうな 美しく 可愛らしい母を失いたくない
更に 私は 自らの命に 代えても 守る決意を強めた。
本当に 母上は 立派だ。
要介護5の 老婆には 全く見えない。
私の宝物。感謝一杯だ………





カテゴリー
介護 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 大晦日 母の体調は?!母と皆の頑張り

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎



私の記憶は 母が愛犬の シートで 滑り転倒し
救急車で高度医療病院へ運ばれた瞬間からしか
途切れて 居て ………

掃除不足の あの夜に 限って
何故!私は体調が悪く 2時間も寝込んで居て その日に限り 私も母も シート側を歩いてしまったのか 自責の念に押し潰されながらも

ただただ 母に申し訳なくて 母を幸せに
したくて 毎日を 私なりに ギリギリの力を超えて 祈りと 母への深い尊敬 愛する気持ちで
動いて来た。

いよいよ 大晦日だ!
私は 深呼吸しながら 冷たい水で 顔を洗い
既に 目覚めて 私の名を 呼んで居る 母に
♪はーい♪ 体調は どうかしら?
お胸は まだ辛い?

今日は 大晦日なのよ。
早いわね みんな 母上のお陰なのよ
本当に どうも有り難うね…
明日は 元旦
母上ちゃんの お誕生日よ。
お祝いしましょうね
と 笑顔で 元気に 声を掛けて

酸素飽和度 血圧 検温 血糖値 等
測定した。

一応 回復の兆しが 確認する事が出来て
母を そっと抱き締めて 良く 本当に頑張って
流石ね!
凄い 凄い 万歳\(^_^)/
嬉しいね 本当に嬉しい
有り難うね……

今日は 先生も 診に来て下さるし
忙しいけれど 明日のお誕生日の為に
ゆっくり 頑張りましょ

先ずは 私が オムツ替え 陰部洗浄
クリーム 皮膚炎の薬を 塗布スタート。

母の ベッド80度迄 上げて
クッション タオルで 頭と身体を固定して
ターンテーブルをセットし
朝食と 朝のお薬。

たんぱく質を 補いたくて 鶏のささみを お野菜をミキサーで細かくしてトロミをつけて 煮込んだスープがメイン。
プリン ヨーグルト エンシュアにトロミ。
栄養ゼリー 麦茶と カルピスに トロミ。

私は母の隣に椅子を起き ほとんど 立ちどうしで ゆっくり 母の口へ 食事を運ぶ。
うん
上手に 飲み込めている!
むせ混みも 少ない!

まだ 血液検査の結果 検査の結果は
医師から 報告は ないけれど
母と手を繋ぐと 深部の熱感も なく
内心 私は本当に 母にお礼の言葉を
又 頭を下げていた。

此で もっと 小分けに水分を補給してゆき
医師の 説明を 安心して聞こう!
と 私は力が みなぎった。

朝食が終わると同時にチャイム!
介護士さんだ。
私は 母の測定値や 尿 便の色や濃さ等 報告。
朝食時の様子も 伝えた。

介護士さんも 笑顔が 零れ
お母さん 良く頑張ったのよ!
凄いじゃない。良かったわね。
明日はお誕生日でしょ。
ゆっくりお祝い出来るわね!
明るく 母へ おめでとうと 言って呉れた。

私がテーブルに飾った チューリップを見つけて
母に お母さん 見えるかな?
お嬢さんが こんなに綺麗で可愛いチューリップを 飾って呉れたのね!
と チューリップの歌を うたいだし
母も 音楽は大好きなので
私も一緒に 手を叩きながら 皆 笑顔で
チューリップの歌を 合唱した。

母の声は 小さかったけれど
心底嬉しい 笑みを浮かべて 手を叩いて呉れた。

私は 嗚呼 幸せだ!
母が 笑顔で 我が家で ほとんど肺炎を克服して
手を叩いて 口ずさんで居る。
あわせて 写真を 撮りたい私は
涙で 上手く 見えないけれど 声を頼りに
2回位は 間に合った。

此で最期の大晦日!?辛さをこらえながら
とんでもない。
こんなに 頑張れる母だもの!
必ず 私との 二人三脚で 来年の大晦日 元旦も
頑張ってみせる
奇跡は起きる。

介護士さんも笑顔で 声を弾ませて
ベッドに 上り シーツや防水シーツを取り替えましょ! 替えを持って来て下さる?
そうしたら お嬢さんは 声を掛ける迄 リビングで休んで居てね。
私達は 休めるけれど お嬢さんは 徹夜だからね……… 少しでも休んでくださいね!!
と 初めて言われた言葉?の 様な気がする。

私が心配で ずっと母の部屋に 入り浸りだった。

介護士さんが 痰の吸引を 始めた時
私も どんな 痰かしら?と 母の部屋に 飛んで行った。 大分 柔らかく 水状に成り 良かった~ 母上 素晴らしい!と
思わず 拍手してしまった。
介護士さんも 本当ね 以前は大変 お母さんを苦しませてしまい 沢山の痰が 吸引する度に 引けちゃったからね。
本当に頑張って呉れて 凄いわ!と
母と手を繋いでいた。

寝具替え 床擦れチェック 下着
つなぎ寝間着 着替え
神も とかして貰った。

後はヘルパーさん 医師 そして夜のヘルパーさんが来訪する。

バタバタ お掃除や洗濯をして居たら
ヘルパーさん に続き 先生が来訪した。

先ずは母の診察をお願いしてから
リビングで 話し合い。

先生は左胸の音は まだかすかに 雑音しているが新たに発症した肺炎では ないので 痰の量も少なくなり 解熱 脱水症状も落ち着き ご本人も笑顔を僕に見せて呉れたから 先ずは一段落ですね!
お嬢さん 頑張りましたね
と労いの言葉を下さったが いえ 母の頑張りが素晴らしく 私は 当たり前ですよ と笑顔で 先生に挨拶をした。

本当に 寝たきりになると
座位 が凄く大切で 酷くなる 弱ると唾液を誤嚥して肺炎を引き起こすので 呉々も その点と
食べさせる角度 量 飲み込みを確認。
むせ混みしたら 嘔吐しない様に気を付けて 吸引する等 水分補給は こまめに と 気を付ける事を確認した。

一応 年始の為に 結核患者さんが予防薬として
1日3回服用する 抗生物質 お腹の薬を新しく処方してくださった。

先生は 明日は お祝い出来そうですね。
良かったですよ!!と
笑顔満面に 玄関に立った。
私は 先生のお陰です
有り難うございます
佳きお年をお迎えくださいませと
贈り物を 渡すと 気を遣わないでくださいね。
お嬢さんが 体調崩したら
お母さんが 悲しみますよ 又
万が一 何か あったら 明日に電話を下さいね………と 一言 付け加えた。

はい 有り難うございます。
しっかり 母を 24時間私が看ますから
大丈夫です。
では 万が一の時には お電話させて頂きますと
先生の目を じっと 見つめた。
大丈夫 お母さん
きっと大丈夫ですから と
じゃ よろしくお願いしますねと
医師の方から言われた。

外迄 見送りに出ようとしたら
何時も ご丁寧に有り難うございます。
風邪引くと大変ですから と。
私は医師の姿が見えなくなるまで
お辞儀をしながら 有り難うございます~と
繰り返し手を振った。

私は 嗽 手洗いをして 医師の言葉を母に告げた。
万歳\(^_^)/ 万歳\(^_^)/ 万歳\(^_^)/
私は 母の頬にキスをして
背中を 擦りながら 明日は何が食べたい?

明日は母上のお誕生日よ!!
ゆっくり ゆっくり 音楽を聴いて
もし辛くなかったら 一緒に歌いましょ。
プレゼントは 用意してあるの。
明日に 渡すから うーんと 楽しみに
待って居てね。
全て 本当に全て 母上ちゃんの頑張りの賜物。
全てが 母上の お陰なのよ。

私は この何日か寝てない疲労を全く感じなかった。 世界一愛し 助けたく守りたい人に尽くす時には 人間は凄いパワーが 湧くものだ
改めて 今回感じ 同時に 本当に此で
最期のお誕生日に なりません様に………
故父に 私は母を 一人では 絶対に
死なせない決意です…と 心の中で 会話をした。

私も今夜は母のベッドで一緒に少しでも
手を繋ぎながら一緒に眠ろう






#年末年始
#在宅介護
#在宅医療センター
#誤嚥性肺炎
#母のお誕生日
#終末期
#寝たきり

カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~母の意志の強さに感服です‼️

#在宅介護
#誤嚥性肺炎


母は 幾度も幾度も誤嚥性肺炎となり
在宅介護では 検査医療器具がないことや
私の体力 持病の悪化の波が 出てきたり
やむを得ず 何回か 入院を繰り返しました。

辛さから 眉間にシワを寄せる母に………
私は 精一杯 優しさ 愛 賛美 感謝の言葉 歌をうたい 明るく包み込みました。

原則的に付き添い泊まりは認められていない病院だったので 急変しないように
後ろ髪を引かれながら 母の部屋を
路上から見上げて 月や星に 故父 祖母に
祈りながら バスを待った私。

母は とびきり行いが良いから大丈夫だ。
沢山の徳を積み重ね 生きて来たから 神仏が守って下さる。
私が生きて居る限り大丈夫だ と
母の身体 母の意志の強さ 私への愛を確信しながら バスに乗り込み 病院が 見えなくなる迄
振り返り 心の中で 母へ 頑張って 頑張って 指切りしたから 必ず頑張って 明日は もっと早く来るからね!と 叫んで居た。





カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 年末に施設申し込みをする‼️

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


今日は30日。
ケアマネさんから 受け取った施設書類を徹夜でネットで評判や規模
家から近いのか? 母の体調で大切に扱いを受けれるか?諸々調べて書き終わり 郵便局へ急いだ。
汗が流れ落ちる。
本当に良かったのか?
でも私の身に万が一な事が起きたら………
何も知らずに頑張って居る母を思ったら本当に胸が傷み汗が止まらない。

今日も朝から オムツ替え タオルで ゆっくり身体、顔を 母に楽しく明るく声がけをしながら
拭き 皮膚の薬を塗布して ワセリンを塗りマッサージ。

少しでも、血流 リンパの流れを良くして回復を助けたい。
痰の吸引する回数も 1日1日 毎に減少して来たので 新たな誤嚥性肺炎を
起こさない様に 食事の態勢 ごっくんのタイミング 食事の座位を 最低30分はキープして 母に頑張って貰った。

明日は新年を迎える準備に ベッド上でのシャンプー。 元気復活して 爽やかな 新年とお誕生日を、母に迎えて欲しい。
シャワーはまだ 微熱の為 止める毎にした。

母も本当に頑張って呉れた 疲労が出たのか?
亡くなった 姉妹の名前を繰り返し呼んだり 腕を差しのべて 呼び掛けたり 懸命に していた。
治まってくれます様に………

時には 私を姉と間違えて呼んだり ドキッともした。

お昼寝すれば 落ち着く事を信じて
私は お掃除や 洗濯 食事の支度に精を出した。

時折 母の呼吸の音 熱 サチュレーションを測定も 行った。
さて そろそろ水分補給と お昼の食事とお薬の時間だ。

新しい男性のヘルパーさんが 初めましてと先輩ヘルパーさんと来たので 昼食を、後にずらした。

女性の母を男性二人に任せるのは
気が引けたけれど 年末だから と 心の中で
母上に ご免なさいを、伝えた。

口腔ケアーは
私の方が上手い!と自負して居るのでストップを掛けて 下着 繋ぎ寝間着 カーディガン 靴下着衣を、お願いした。

昼食は 車椅子で ゆっくり リビングで 食べて貰おう! 37:5の微熱は 暫く継続すると医師に言われて居たので たまには、 広い場所でと
リビングの床を 念入りに 掃除して
テーブルに 母の好きな薔薇を 飾った。

食欲は どうだろう。
大分 入院してから 痩せてしまい
医師からエンシュアと いう エネルギーの高いドリンクが処方されていたので 冷蔵庫で 冷やしてあった。
そのエンシュアに 更に トロミを付けて
母に チャレンジして貰おう。

誤嚥性肺炎前は 1日カロリー1200 水分1リットルを目標に 頑張って来たけれど、
更に 体重が落ちたので、 工夫しながら
体力回復だ。

元旦には ケーキ フルーツ等
品数を トロミだらけでも 母の目の前に 色どり鮮やかに 並べるつもりで 準備万端だ。

男性ヘルパーさん二人が帰る頃には 母の姉妹を呼ぶ仕草は 減って呉れて 安堵したが
又 真夜中や 朝方 始まるかしらと不安も。

頑張って私の声がけ スキンシップ 音楽で
治してゆこう・ファイト。





#年末
#痴呆症状
#誤嚥性肺炎
#在宅介護

カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ 年末の1日1日

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎


ケアマネから 明日到着必須のホーム申し込み書類を受け取り 片手に持ち エレベーターに乗り去る彼女の気持ちに 感謝するべきか躊躇しながら
有り難うございます!!と 笑顔で 声を掛けた。

明日は30日 明後日は年末………大晦日だ。

家の導線に ヘルパーさん 介護士さんが行き交い 役所の方が 母に頑張って下さいね!の 仕事納めの挨拶に来た。

この多忙な時に?明日まで 見学は無理だから
ネットで調べて母の状態 既往歴等 記入して 明日は速達書留で 出すべきか?!!

母の頑張りの姿を見て 母の笑顔に触れると
母を 何処にもやりたくない気持ちで一杯である。

明後日は 大晦日 介護士 ヘルパー ケアマネ 医師 全てが 訪問して下さる!
感謝しなくては 。
真夜中 一応 書類を仕上げ
今日 明日は 母の隣で 又 仮眠しよう!!

本当に息なり自分の足
身体の自由を失いメンタル的にも深く悩み葛藤していた母。その血腫、猛烈な痛み、40度の高熱
大貧血、血圧低下
リハビリに
立派に母は頑張って呉れたのだ。

余命すら宣告それて
自分を取り巻く家の変化に戸惑っていた母も
今は胸の中に秘めて
今は誤嚥性肺炎と闘って呉れて居る。
周りのスタッフに笑顔で今は
有り難うね
有り難うございますを伝えて居る。

この母を私が必ず!!守る。
手離さない

私も自分の病院へ
明日は2件回る。
ケアマネさんが 来る間 間に 母の様子を看に
きちんと 帰宅する。

縁起を担いで 松飾り 正月飾り 正月花等も
明日は 担いで来よう!!

母の熱は 37度台 なかなか平熱には
ならないけれど
大分 痰の吸引も 硬い 粘りのある物は少なくなり 念のため 鼻から吸引すると
痰が引けるので 万全を期して
抗生物質 カロナール 吐き気止め 痛み止め
尿を出す薬 糖尿病の薬 心臓の薬等
しっかり 経口で 投与して
気管支 心臓の貼り薬も 忘れずに
皮膚が
極端に弱くなってしまった 母の胸 背中に日付を記して貼る。

施設の件は 明後日 医師に報告しておこう。

母が家で我が家で 私を信じて頑張って呉れている現実と 母を私が看れる幸福が 今は 一番 大切なのだから!!

私は冷えたジュースで 薬を一気飲み。
冷たい水で 顔を 叩いた。

ようし! 今日も仮眠に徹夜。
頑張る。 母に 母上は 強くて 心根が優しく 何て美しいの?
皆さんが 誉めて下さるから 今も自慢なの。

ズーっと 二人で一つよ!!
今 私は世界一 幸せな娘よ。

下着を変えてから 夕食とお薬にしましょう
本当に 秋から 毎日辛い思いをさせて
ご免なさいね。
必ず 母上は 幸せで 長生きするから
又 毎日一緒に 頑張りましょうね!

母は 頷きながら 何か飲みたいとリクエストして呉れた。 私は 少々 お待ち下さいませm(__)mと おどけて見せたら
笑って呉れた。

嬉しい
大丈夫。 新年 元旦には
少しの時間でも リビングで 母の頑張りを
讃えて お誕生日を 明るい笑顔で
お祝いしよう!!

父上 母の命 無事をお守り下さい。







#年末年始
#在宅介護
#誤嚥性肺炎
#訪問医師
#母娘の二人三脚

カテゴリー
介護 余命 看取り

病病介護を振り返り~母への 一番の薬は 私の愛

#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎



母には 介護20年間して来た私は
母が転倒して大腿骨骨折し寝たきりに 成ってからは
威厳のある母 かつ 私の幼子の様な気持ちで
笑顔で明るく 赤ちゃん言葉になる。
それ程に 愛しく 大切な存在である。

母の生きる活力 頑張れる源は 私の存在である。
母と私の 相互の信頼 愛の深さが 一番の力の要 …薬だと感じる。

私の持病が辛く 疲労
母の余命を心配して 一人泣く時間は1日5分に決めて 後は 母の居る喜び 母を看れる有り難みで 日々幸せで満ち溢れて居るのだ。




カテゴリー
介護 余命 在宅医療 看取り

病病介護を振り返り~ ケアマネから施設申し込み書類が⁉️

|
#最終期
#在宅介護
#誤嚥性肺炎

ウイルス除去率99%チャーミスト



毎日 年末年始で街は賑わいを見せている。
活気に満ちている。

私は変わらず 母のベッド横にコートを着こみマフラーを巻き 仮眠しながら 徹夜で 介護に真剣な毎日。 病院の看護士さんは ほとんど 真夜中は巡回して来ないので やはり 在宅介護は正解だと感じていた。

熱による脱水症状も 母が真夜中に 目覚めた時に ベッドを60度位にアップして しっかり座位を固定して 誤嚥を防ぎながら 私が ゆっくり 水分補給に頑張れる。
病院では 有り得ない介護だ。

母は上手に飲んで 呉れて 冷たいトロミの水分やアイスクリームが 心地良さそうで 私に笑顔で ありがとうと うなずいて呉れる。

訪問医師も 一番在宅介護が 安全だ。
急変したら 気づくし 真夜中に 酸素飽和度を測定したり 検温して 発熱が継続していたら カロナールを 八時間おきに 飲ませて リンパ腺の部位を冷したり 家族が 直ぐに対応出来るからだ。

寝具の調節も 出来るし 患者さんのメンタルも安心させて 前向きな気持ちをキープして 自然治癒力もアップする。
小さな音で、音楽を 流し リフレッシュも出来る。

私は自分の身体が いつまで持つか?不安は有ったけれど 新年 年越しを 母も 誤嚥性肺炎が落ち着いて 迎えられたら!と 真夜中 痰の吸引も
しっかり挑んだ。

ケアマネは 9時過ぎたら 母を寝かせ 私にも 真夜中は 寝ても良いと 言っていたけれど
私は医師と同じ見解で 在宅介護ならでは!の介護を 懸命にしたたかった。

毎日 ヘルパー 訪問介護士が 来て呉れて
流石に!娘さん 素晴らしい! 尿も沢山出て 脱水症状が治り 発熱も 落ち着いて来て
胸の音も 改善して来たのだ。

やった 母上、大分 楽に成って来たわね?
母は 微笑み 手を繋ぎ 私の身体を案じ 風邪に気を付けて頂戴と 言って呉れた!!

さあ! 明日は いよいよ大晦日。
悪化させては なるまい。
医師も 訪問介護士 ヘルパーも来る

私の自由な時間はほとんど 皆無だ。
でも 喜びは 格別で 神仏に祈り 明るく元旦を向かえる 事を信じてた。

夜 8時時ケアマネが慌てて 母のホームの用紙 パンフレットを!持ち 私に充分 したから
春に新築するホーム一覧を 持って来て
締め切りは明日よ。 急いでと 手渡された。

いきなり 私は 母を見て 困惑して悩んだ。






%d人のブロガーが「いいね」をつけました。